小豆島を心底味わう「豆イチ&無人島BBQ 2019」に参加決定 〜120%楽しむためには万全の準備〜

僕のように、「小豆島が好き」「ロードバイクが好き」という人には、とても穏やかではいられない、心ウズウズなイベントがある。

「豆イチ&無人島BBQ 2019」である。今年の開催は5月12日。

僕は、幸運にも当選の名誉に与ったので、今回が初参戦予定。さあ、楽しむぞ!待ってろ、小豆島。

「豆イチ&無人島BBQ 2019」に参加決定

今年で3回目のこのイベント。「小豆島サイクルツーリズム推進協会」と、大阪の「シルベストサイクル」のコラボイベントで、毎回申込者が多くて抽選になってしまうという人気ぶりだ。

ご存知かとは思うが、「豆イチ」とは「小豆島一周」の意味。関西では、「琵琶湖一周」の「ビワイチ」、「淡路島一周」の「アワイチ」が有名どころである。

その〝先輩格〟ふたつにも決して劣らない、小豆島の魅力を「これでもかぁ!」ってくらい詰め込んだ一日になること間違いなしである。

気持ちを上げていきます

ここにしかないオススメポイント

  1. 地元産品そろいのスペシャルエイド
  2. 何といっても景色が最高
  3. 初心者でも大丈夫
  4. 前日に懇親会あり
  5. 無人島でのBBQって非日常感ハンパなし

この際、「食べるのが楽しみ」という動機でもノープロブレム。素晴らしい景色を目に、お腹が減らない方がおかしい。レベル別にグループ分けしてくれるそうなので、走力に自信がない方も平気。他の参加者と仲良くなりたいなら、前日の懇親会がオススメ。当日初対面で、終わったら即「サヨナラ」では味気ない。そして、BBQ。「漁船で無人島」だけでワクワクが止まらないのに、楽しすぎ~!

この全てを十分に堪能するには、残り1ヶ月の鍛錬が特に大切。坂道に打ちのめされて、「苦しい」ばかりがクローズアップされては、それどころではない。

決意

残りの日は、平日を含めて毎日坂道を走ることにする。やや高負荷のランニングで…。自宅近辺には坂道が多いので、やる気がみなぎる。苦しいのはもちろんだが、とても楽しみ。

気にして欲しい

小豆島の道をよく知っている方でも、「車で走っただけ」と「歩いた」「自転車で走った」では見え方がまったく違うはずだ。坂がキツイなぁ、海風が強そう、を感じることで、素晴らしい景色に彩りが付いて記憶されること請け合いである。ぜひ、自分も自転車で走ったらどんな感じだろう?と、その時の空気を想像して欲しい。

注意事項もしっかり読んでます

楽しいからやるのではなく、やるから楽しい

性別年齢に関係なく楽しめるアクティビティに触れると、ホント「楽しい〜!」が爆発しそうになるのは誰もが感じるところだと思う。

やっぱり、心身ともに健康なのが第一。普段はひとりで走るのが大好きだし、もちろんレースに出る訳でもない。こんな僕でも、「たまにはワイワイ言いながら走るのも、とっても幸せ!」と感じるはずだ。いや、もう感じている。

The following two tabs change content below.

森下昌彦(えむもりさん)

大阪在住50代。妻と1女1男。  長く医療業界に携わったが、軸足を移すことを模索・実行中。 詳しいプロフィールはこちら

最新記事 by 森下昌彦(えむもりさん) (全て見る)