「小豆島が好き」と残りの半生をリンクする決意

吉ヶ浦の夜明け

僕は大阪出身だけれども、マインドは「小豆島の人」だ。

亡くなった名監督トミー・ラソーダ氏は「俺の身体にはドジャーブルーの血が流れている」と言ったそうだが、それと同じである。

当然ながら、そんな僕の人生のビジョンには、小豆島が大きく絡んでいる。

「小豆島をアクティブな人で溢れた島にする」を実現したい。

“「小豆島が好き」と残りの半生をリンクする決意” の続きを読む

情報爆発の時代に知識の価値が激変している 〜知ることより大切なこと〜

マメイチ

ロードバイクが好きなら、メンテナンスの知識はそれなりにあった方が良い。

知識があるから更に楽しくなって、ますます好きになるというループへ、突入間違いなしなのだ。

それなら専門的に勉強した方が良いのかも?と思い付いたまでは良かったが…。

“情報爆発の時代に知識の価値が激変している 〜知ることより大切なこと〜” の続きを読む

コロナ禍で最優先は〝こだわりを捨てる〟 〜先んずれば人を制す〜

無人

「今までこうだったから、これからもこうだ!」が、一番危険であることは分かっていたはずだ。

しかし、変化なく今の状況が続くことが「一番楽だ」と感じるのも、人間の本能。

天地がひっくり返るような大変革は前触れなく訪れることがある、はホントだった。さすがに、もう身に染みた。

“コロナ禍で最優先は〝こだわりを捨てる〟 〜先んずれば人を制す〜” の続きを読む

ホワイトバランスについての誤解を解消する

カメラ設定

写真は、目の前の情景を忠実に再現してくれるものだと、普通の人は思っている。

それはその通りなのだが、意図的に色味を変えることが出来るのも、デジカメの醍醐味のひとつ。

そのための基本機能である「ホワイトバランス」においては、実は陥りやすい〝誤解〟に注意を要する。

“ホワイトバランスについての誤解を解消する” の続きを読む

写真補正を手軽に始めてみよう 〜「作品」に高められます〜

写真アプリ

写真を撮っていて、なかなか上手くいかないものの1つが、「イメージ通りに撮れない」であろう。

地道に腕を磨くのは当然の前提としてあるが、補正するクセを付けるのも並行して必要なものじゃないか?

デジタルならではの恩恵をフルに活かせば、何段階も写真が好きになるはずだ。

“写真補正を手軽に始めてみよう 〜「作品」に高められます〜” の続きを読む

「自分を惜しみなく発揮しちゃダメ」って誰にも言われてないのに… 〜信念について〜

にこにこハルカス

「自分の信念を貫き通す」。これこそが人生そのものであり、つまりそれは「幸せな人生」の大前提でもある。

そして、誰に示すわけでもないがその信念を表現することが、生きた証ともなる。そう考えているのだ。

“「自分を惜しみなく発揮しちゃダメ」って誰にも言われてないのに… 〜信念について〜” の続きを読む