「脱マルチタスク」のすすめ 〜夢に近付いているかどうかだけが焦点〜

海水浴場

「有能な人=マルチタスクをバリバリとこなす人」というイメージを持ってしまうことは多いと思う。

しかし、どんなハイスペック脳を持ってしても、その一瞬一瞬に処理できる事柄は一つだけ。

そこを見失ってしまうと、自分の無能感ばかりをクローズアップしかねない。

「脱マルチタスク」のすすめ

この春転職した僕が、今更ながら感じたことは「世の中にはすごい人がたくさん居るなぁ」ってこと。もちろん、先輩たちのことだ。

失礼ながら、誰もが社会的ステータスが高いと認める職種であるとは言い難い。それでもド素人からすれば、神業の連続で、もう自分の周りはスーパーマンだらけなのだ。

当然ながら、その領域に少しでも早く近付こうとする訳だが、そんな時、出来ない自分にばかりフォーカスしてしまうと、メンタルが保たないのである。

一足飛びを目指さない

スーパーマンの能力が10として、自分は1しか無いとしよう。いきなりそれを8や9にしようとしても、目の前に積まれた問題の多さに怖気付くばかりで、むしろ足は重くなる。

だから、出来るであろう最低ラインの目標を設定して、とりあえず今日は1.1くらいになればそれで良しとする。

僕の場合の具体的な例を挙げると、「今日会社で最初に会った人に、大きな声で挨拶しよう」とか、小学生か!とツッコミが入りそうなレベルのことばかりだ。

前進

山のように積み重なったタスクも、たった1つを片付けるところから始めないと、いつまでも大きな山のままである。

どんなに小さな一歩でも、前進した事に変わりはなく、それなりに自己肯定は出来る。自信を失わずに小さな一歩を継続することの先にのみ、夢の実現が待っていることを、改めて思い返そう。

そう、今なすべき目の前のことが、真っ直ぐに夢へと続く途上にあるなら、微塵の苦も感じること無くさっさと終わらせてしまえるに違いない。

涓滴岩を穿つ

自分を俯瞰してみよう

もし、「なんだか最近辛いなぁ」と感じることがあるなら、少し針路がずれているのかも知れない。

生活のためのライスワークも勿論必要である。でも大半がそれだと、心の底から楽しいと思える充実人生からは遠のくだろう。

目の前の今なすべきたった一つのことに集中すること、そしてその行動によって夢へ一歩近付くことが実感出来ていること。

それだけあれば、今日は最高の1日に違いない。明日も明後日もそれを目指せば良いだけだ。

自ずと最高の人生が繰り広げられる。

削ぎ落としてマインドを整えた先にある「幸せ」 〜睡眠を最重要視しなければならない理由〜

晴れやか

元々、早起きは苦手な方では無い。しかし、それはその様な機能が、我が身に備わっているのではなく、単に前の晩に早く寝ようとしているだけだ。

そして、それを積み重ねてきたら、いつか習慣に変わっていたに過ぎない。

“削ぎ落としてマインドを整えた先にある「幸せ」 〜睡眠を最重要視しなければならない理由〜” の続きを読む

「年金の掛け金が払えない…」さて、どうしよう? 〜出来ることをたった一つだけやる気構え〜

天王寺年金事務所

求職活動をしても、そう簡単に次が見つかる訳ではない。

その間も固定費が必要なことに変わりはないから、あっという間に〝ショート〟してしまう。もともと蓄えが充分とは言えないことが大問題なのだが、それは今回は置いておく。(奥さんゴメンナサイ)

さて、どうしよう?

“「年金の掛け金が払えない…」さて、どうしよう? 〜出来ることをたった一つだけやる気構え〜” の続きを読む

それって朝令暮改?いやフィードバック? 〜ハンドドライヤー問題の本質がすり替わった〜

ハンドドライヤー使用停止

新型コロナの流行によって、悪者扱いされる憂き目にあっているものの一つに「ハンドドライヤー」があろう。

あの「ブウォーん!」という爆音とともに、ウイルスが撒き散らされるから良くない、という理屈らしいが、「それホンマ?」と思っていた方も多いと思う。

“それって朝令暮改?いやフィードバック? 〜ハンドドライヤー問題の本質がすり替わった〜” の続きを読む

親の最期を看取るということ

一日の始まり

父親は認知症になって長期入院中だが、新型コロナが蔓延したことで面会さえもままならなくなった。「次に会う時は僕のことを忘れてしまっているかも…」と思ってきたが、すでに一年が経過したことになる。親とは別居だが近所なので、これ程長期にわたって顔も見ないのは勿論初めてのことだ。

“親の最期を看取るということ” の続きを読む

やった!「カメラマン」として認識された

EOS 5D MarkⅢ

「写真好き」「カメラ好き」を自認してはいるものの、僕のレベルではもちろん〝趣味〟の域を出ていない。今日から突然「本業です」と宣言する訳にもいかず、100%コミット出来ていないんだからそれでヨシとすべきかも…。

しかし、副業でも何でもいいから、稼げるレベルまで持っていきたい。ホントにそう思うなら、大切なことはもう分かっているんだから、あとはやるだけだ。

大切なこととは、その気持ちを高めて強く強く願って信じ続けること。実現への道は遠いかも知れないが、いま目の前の一歩を踏み出す原動力になりうるのは、その強い思い。たったそれだけ…。

“やった!「カメラマン」として認識された” の続きを読む

「映画を流し見して感性を磨く」はちょっと無理そう 〜高橋伸哉さんの方法を試した〜

写真からドラマ

「最高のカメラとレンズを使えば良い写真が取れる」は、半分は本当だと思う。あくまでも「半分」なのは、もちろん「腕」の方が大切だと思うから。

「腕」とは、知識や技術のことも指すだろうが、それ以上に「センス」だったりもする。要するに「感性」「人間性」「生き様」なのだ。

そんなもの、どうやって磨けば良いのだろうか?

“「映画を流し見して感性を磨く」はちょっと無理そう 〜高橋伸哉さんの方法を試した〜” の続きを読む

Big Surのバージョンアップで日本語入力が便利になった  〜ユーザーホスピタリティの高さがキモ?〜

最新のMac OSはBig Sur11.2.3のようだが(21/3/20現在)、11.2.1にアップデートされた時だったか、僕にとっては何とも悩ましい不具合が起きていた。

それは、日本語入力の際、その言葉の意味をいちいち確認する作業が、著しく滞ってしまってなかなか進まない、というもの。

僅かなアクションが追加されるだけで、こんなにも効率が落ちるとは…。イライラが募っていたのだ。

“Big Surのバージョンアップで日本語入力が便利になった  〜ユーザーホスピタリティの高さがキモ?〜” の続きを読む