親の最期を看取るということ

一日の始まり

父親は認知症になって長期入院中だが、新型コロナが蔓延したことで面会さえもままならなくなった。「次に会う時は僕のことを忘れてしまっているかも…」と思ってきたが、すでに一年が経過したことになる。親とは別居だが近所なので、これ程長期にわたって顔も見ないのは勿論初めてのことだ。

“親の最期を看取るということ” の続きを読む

やった!「カメラマン」として認識された

EOS 5D MarkⅢ

「写真好き」「カメラ好き」を自認してはいるものの、僕のレベルではもちろん〝趣味〟の域を出ていない。今日から突然「本業です」と宣言する訳にもいかず、100%コミット出来ていないんだからそれでヨシとすべきかも…。

しかし、副業でも何でもいいから、稼げるレベルまで持っていきたい。ホントにそう思うなら、大切なことはもう分かっているんだから、あとはやるだけだ。

大切なこととは、その気持ちを高めて強く強く願って信じ続けること。実現への道は遠いかも知れないが、いま目の前の一歩を踏み出す原動力になりうるのは、その強い思い。たったそれだけ…。

“やった!「カメラマン」として認識された” の続きを読む

「映画を流し見して感性を磨く」はちょっと無理そう 〜高橋伸哉さんの方法を試した〜

写真からドラマ

「最高のカメラとレンズを使えば良い写真が取れる」は、半分は本当だと思う。あくまでも「半分」なのは、もちろん「腕」の方が大切だと思うから。

「腕」とは、知識や技術のことも指すだろうが、それ以上に「センス」だったりもする。要するに「感性」「人間性」「生き様」なのだ。

そんなもの、どうやって磨けば良いのだろうか?

“「映画を流し見して感性を磨く」はちょっと無理そう 〜高橋伸哉さんの方法を試した〜” の続きを読む

Big Surのバージョンアップで日本語入力が便利になった  〜ユーザーホスピタリティの高さがキモ?〜

最新のMac OSはBig Sur11.2.3のようだが(21/3/20現在)、11.2.1にアップデートされた時だったか、僕にとっては何とも悩ましい不具合が起きていた。

それは、日本語入力の際、その言葉の意味をいちいち確認する作業が、著しく滞ってしまってなかなか進まない、というもの。

僅かなアクションが追加されるだけで、こんなにも効率が落ちるとは…。イライラが募っていたのだ。

“Big Surのバージョンアップで日本語入力が便利になった  〜ユーザーホスピタリティの高さがキモ?〜” の続きを読む

「小豆島が好き」と残りの半生をリンクする決意

吉ヶ浦の夜明け

僕は大阪出身だけれども、マインドは「小豆島の人」だ。

亡くなった名監督トミー・ラソーダ氏は「俺の身体にはドジャーブルーの血が流れている」と言ったそうだが、それと同じである。

当然ながら、そんな僕の人生のビジョンには、小豆島が大きく絡んでいる。

「小豆島をアクティブな人で溢れた島にする」を実現したい。

“「小豆島が好き」と残りの半生をリンクする決意” の続きを読む

情報爆発の時代に知識の価値が激変している 〜知ることより大切なこと〜

マメイチ

ロードバイクが好きなら、メンテナンスの知識はそれなりにあった方が良い。

知識があるから更に楽しくなって、ますます好きになるというループへ、突入間違いなしなのだ。

それなら専門的に勉強した方が良いのかも?と思い付いたまでは良かったが…。

“情報爆発の時代に知識の価値が激変している 〜知ることより大切なこと〜” の続きを読む

コロナ禍で最優先は〝こだわりを捨てる〟 〜先んずれば人を制す〜

無人

「今までこうだったから、これからもこうだ!」が、一番危険であることは分かっていたはずだ。

しかし、変化なく今の状況が続くことが「一番楽だ」と感じるのも、人間の本能。

天地がひっくり返るような大変革は前触れなく訪れることがある、はホントだった。さすがに、もう身に染みた。

“コロナ禍で最優先は〝こだわりを捨てる〟 〜先んずれば人を制す〜” の続きを読む

ホワイトバランスについての誤解を解消する

カメラ設定

写真は、目の前の情景を忠実に再現してくれるものだと、普通の人は思っている。

それはその通りなのだが、意図的に色味を変えることが出来るのも、デジカメの醍醐味のひとつ。

そのための基本機能である「ホワイトバランス」においては、実は陥りやすい〝誤解〟に注意を要する。

“ホワイトバランスについての誤解を解消する” の続きを読む