「〈坂バカ〉式 知識ゼロからのロードバイク入門」は自転車の本だが実は自己啓発本でもあった

僕は自転車は好きだが坂は嫌いだ。下り坂は好きだが、登りのしんどさに、いつもその快感を帳消しにされている。だから「坂バカ(好んで登り坂ばかり走る人)」の心理なんか分からない。

でも麗しの女性サイクリストに「この人かなりヘナチョコ…」なんて目で見られたら、それはきっとプライドが許さないだろう。

女性初心者が自転車にのめり込んで、突き抜けていく様を感じることで、自分にも出来る、進化出来る、と自信が湧き出てくるはずだ。

プライドが満たされるのは、その後でも遅くない。麗しの女性サイクリストを、カッコよくエスコートしようではないか。

「〈坂バカ〉式 知識ゼロからのロードバイク入門」は、自転車の本だが実は自己啓発本でもあった

著者の日向涼子さんは、モデルさんだそうだ。

ごめんなさい。僕はこの手の話にはとても疎いし、自転車雑誌などもほとんど見ないので、存じ上げません。ただ、間違いなくベッピンさんだし、こんな方が目の前に現れたら、どんな男も決して穏やかでは居られない。

その日向さんが、超初心者からメジャーな大会で名を馳せるまでに上り詰める物語が、この本の大筋。

「バカ」だから突き抜けられる

「モデルだから…」じゃない

「知識がない」とは言うものの、タイヤの中にチューブが入っていることさえ知らない、なんてことは無いだろう。この方は、その「無いだろう」に属する類だそうだ。優劣をつける訳ではないが、少なくともその時点では僕の圧勝。それなのに現状は、一方が「美人すぎる坂バカ」でもう一方は「ただの愛好家」である。何故だろう?

こんな時、「モデルさんだから…」と、自分には無い境遇と才能のせいにしていたのでは、ただ呆れるばかり。全く期待できない。いくらなんでも、僕はそんなのでは無いつもりだ。

行動力と探究心

未来を作る原動力は、言うまでもない「行動」のみだ。夢と現状との差は、行動力の差そのものである、と認識する必要がある。

動きさえすれば、必ず1ミリずつゴールへ近づくことができるのだ。信じるも何もない。真実だ。

もちろん地道なトレーニングあってこそ

坂の向こうの未来

小豆島は言わずと知れた、山の島である。つまり「坂の島」でもある。

爽快に海辺を走る快感に変わるものはないが、坂の壁を前にたじろいでしまうのが今までの僕。

しかし、これを乗り越えることで成長できる、この先にこそ未来がある、という目線で自分自身をバージョンアップしていきたい。

美人に勧められと弱いです

自転車好きの楽しい読み物として楽しめるのは勿論、実は「自分の人生だよ。思いっきり楽しまなきゃどうすんの!」と、背中を強烈に押してくれる自己啓発本でもあったのだ。

全ての自転車好きの方、未来を今よりも楽しいものにしたいと感じる全ての方へオススメ。「うん、頑張ろう」と笑顔で前を向けるようになること請け合いである。


The following two tabs change content below.

森下昌彦(えむもりさん)

大阪在住50代。妻と1女1男。  長く医療業界に携わったが、軸足を移すことを模索・実行中。 詳しいプロフィールはこちら

最新記事 by 森下昌彦(えむもりさん) (全て見る)