「馬鹿喰いグセ」をやめる決意をした

体の衰えを感じる場面が増える年齢になったが、それは自身の健康状態と向き合うチャンスなので、悪いことばかりでも無い。

しかし、気を付けようという思いとは裏腹に、習慣だから変えにくい部分もある。

「食べ方のクセ」はその最たるものなのだが、危険領域に入る兆しを掴んでしまえば、自制心を発揮しやすくなる。

「馬鹿喰いグセ」をやめる決意をした

もともと「食いしん坊」なのは否定しない。でも、食べ過ぎて「お腹の調子がちょっと…」ということが多くなった気がする。これまでは、そんなことは殆ど無かった。

どんな時に食べ過ぎてしまうのかを思い返してみると、対策が立てやすいことに気付いた。

「楽しい」の裏に潜む危険

誰でもそうだと思うが、楽しいと気が緩む。気が緩むと、ちょっと普段とは違う行動に出やすい。

僕の場合は、遠出する時とかの、非日常のワクワク感と「食べちゃえ!」がセットになってしまう。

小豆島にひとりで出掛けようという夜。次の日は休みだし、多少ニオイのきつい物でも平気。妻もいないので、「そんなジャンクフードばかり食べて…( *`ω´)」なんて小言を聞かなくて済む。

ラーメン、餃子、ビールの定番セットに、軽~く締めにスイーツまで付けてご機嫌だったのだが、1時間後には崩壊。

少し賑やかめのお店で盛り上がった時とかも同様。特に親しい訳じゃない人と、思いのほか話が弾むなんてこともある。そういうのは、「食べ過ぎ」よりむしろ「飲み過ぎ」注意。

要するに、楽しいとブレーキが効きにくい、という話。

楽しくても羽目を外してはいけません

粗食主義?

妻は、アレルギーを気にしているという理由もあって、脂っこいガッツリ系の料理は滅多に作らない。

僕はそれがやや不満なこともあるが、最近ではそれほど気にならなくなってきた。上手く飼い慣らされてきたのかも知れない。

いづれにしても、「普段と違うものを口にしているぞ」「普段と心理状態が違うぞ」に自身が敏感である方が、コンスタントにパフォーマンスを発揮しやすい。

妻は、食の面から家族の健康を下支えしてくれるパートナー。そう思うと、「ちょっと食べ過ぎてお腹壊しました~」は、たまにはええやん!って程度のことではあるものの、彼女に対しては少し失礼な話なのかも知れない。

スイーツも程々に

我慢じゃなくて自己制御

しかし、二日酔いの次の日に、「もう酒はやめた!」と、何度決心したことか…。

もう少し落ち着いて、「節制してます」って顔をしても、誰一人として「付き合い悪いなぁ」とは言わなくなった。

年齢に見合った「カッコよさ」があるのだ。それを目指せば良いだけである。

The following two tabs change content below.
森下昌彦(えむもりさん)

森下昌彦(えむもりさん)

大阪在住50代。妻と1女1男。  長く医療業界に携わったが、軸足を移すことを模索・実行中。 詳しいプロフィールはこちら
森下昌彦(えむもりさん)

最新記事 by 森下昌彦(えむもりさん) (全て見る)