My favorite が沢山あるなら、とことん突き詰めなきゃ!

中一の娘が、英語の宿題をしていた。家族を英語で紹介する、というものだそうだ。

娘いわく、父親である僕を紹介するのは簡単らしい。

「名前と、趣味は〇〇、××、△△、**、※※とか書くだけで、結構長くなる」と言うのだ。

なるほど、確かに「多趣味」と言えなくは無い。

でも、「多趣味」の響きから連想できる、明るく有意義な心持ちの日々とは、かなり乖離があるぞぉ~!

My favorite が沢山あるなら、とことん突き詰めなきゃ!

意外にも、自分のプロフィールを書くのは難しい、というのは多くの方が感じておられるのではないだろうか。

そんな時は、代わって誰かに書いてもらうのもひとつだ。自己探求に他者の目を利用する、という訳だが、何事においても視点を変えることが好循環を生むことはある。

ラーレー乗り
ロードバイク

「つまみ食い」を抜け出す

僕が多趣味とするならば、今僕のココロにある〝満たされない感〟をどう捉えれば良いのだろう。

多趣味で生き生きした人を目指したいという思いは、間違いなく僕の中にある。その思いが、ある程度形になって現れているからこそ、娘は僕をそのように評価してくれた。

ならば、あと少し「突き詰める」という領域にまで達するより他にない。自分が踏み入れたことのない風景を見に行くのだ。

つまり、中途半端。今までやってきた範囲をウロウロしていても、人生を変えるほどの胎動は起きない。

ランニングウェア
ランニング

努力と貢献

成功者は、どの人も死ぬほどの努力をしている筈だ。

本人が努力と感じていないとすれば、それはとてつもなく好きな事をしたから。または、「人様のために」という思いが強すぎて全然苦痛じゃなかったから、その何れかだと想像できる。

「人様のために」は特に大切だけれど、あらぬ事かその人様をそっちのけにする程、自分を貫き通すことが求められることになる。そして、もちろんそれを、人様の目を気にすることなくやり続けるのだ。

もしかして娘は、何も分かってないような顔をして宿題をしながら、親父にエールを送ってくれているのかも知れない。そう信じている。

The following two tabs change content below.

森下昌彦(えむもりさん)

大阪在住50代。妻と1女1男。  長く医療業界に携わったが、軸足を移すことを模索・実行中。 詳しいプロフィールはこちら

最新記事 by 森下昌彦(えむもりさん) (全て見る)