今年の目標は「コンフォートゾーンを出る」 〜手始めにニューイヤーズランを敢行〜

大晦日の夜って、どんなふうに過ごす方が多いのだろうか?

どんな時でも「楽しいこと最優先」を貫きたい僕は、例年の大晦日とは違って、アクティブな年越しを試みてみた。

ニューイヤーズランである。

今年の目標は「コンフォートゾーンを出る」

「さぁ、令和元年もあと少し」という大晦日の午後10時過ぎ。いくつになっても、何となくそわそわドキドキの時間なのだ。

でも、どれだけドキドキしても、実態はいつもただダラダラ。

紅白を見てもホントはそんなに楽しくないし、迎春準備が整えばお父さんの出番はない。ここは「楽しいこと最優先」で何の問題があろう?ならば、走れ!

よくよく考えてみれば、大晦日のこの時間に出歩いている人など、そう多くはない。僕は繁華街に近いところに住んでいるが、普段の夜なら結構な人出で走りにくいものの、流石にこの日はガラガラ。だから敢えてそちらのコースを選択。静か過ぎて怖い所は、ちょっと…なので。

躊躇なく第一選択を押し通しても問題なし

結果だけを言うと、メチャメチャ楽しかったのだ。

何となくダラダラはイヤだなぁ、と思っていても、大晦日だし家族で静かに過ごすのが普通だろう。

でも人生を動かしたいんだろう?と自分に問い直す。今までとは違う行動こそが、新たな道を開く扉への近道なのは間違いない。

つまり「コンフォートゾーンを出るぞ!」って話なのである。コンフォートじゃない所へ、敢えて飛び出すのだ。

不満はあるけど、新しい所へ飛び出すときのストレスを思うと、「現状のままでもいいかぁ…」ってのが最悪。仕事において、そういう心持ちである人は多いと感じる。

〝コンフォートじゃない〟のだから、「ちょっとイヤかも…」って部分が多少あるのは当たり前。今回も、「寒いのにそんなことしなくても…」って思いがあったことも事実。

そう、この「ちょっとイヤかも…」。でも「楽しそうだしやる!」ってところを大切にしたい。

現状に甘んじてばかりはいられない

決意表明

新年の目標は、数字的なものももちろんだが、この「コンフォートゾーンを出る」というところを第一に据えようと思う。

ドキドキが増えるかもしれないし、恥ずかしい思いをするかも知れないし、失敗もするだろう。そんなのは出来れば避けたいのだ。

でも、この感情が増えるということは、自分が成長している証でもあるとうふうに前向きに捉えたい。

そして、それに慣れてどんどん飛び出すことが日常になれば、その時僕は、本当に成長出来ていることだろう。

そう信じているのだ。

The following two tabs change content below.

森下昌彦(えむもりさん)

大阪在住50代。妻と1女1男。  長く医療業界に携わったが、軸足を移すことを模索・実行中。 詳しいプロフィールはこちら

最新記事 by 森下昌彦(えむもりさん) (全て見る)