人生が「タイムオーバー」になったら悔しいどころじゃない 〜ファンとマニアの間の壁〜

「ファン」と「マニア」はどちらも「愛好家」といった意味だが、「マニア」の方には「狂気的」といったニュアンスが強く含まれていて、より深みにハマった感がある。

僕は言うまでもなく、「マニア」を目指している。

どうせやるからには、人生がひっくり返る程のめり込んでナンボ、だと思うからだ。

ファンとマニアの間の壁

ネット社会には情報が溢れ返っているが故、個々の情報の価値はむしろ下がった、と言える。

つまり、誰もが何でも簡単に知り得るので、「〇〇のファンです」程度では、全く差別化にならない。そんな人はゴマンといるのだ。

すると必然的に、よりトンガった人でないと出番がない、ということになる。

ゼネラリスト(何でも出来る=頭良い=重宝する)の時代から、スペシャリスト(特定のことしか出来ない=変なヤツ=使いづらい)の時代への変換とも言えないか?

つまり、勝負どころは「あり得ないくらいやってる」という点にある。

例えば…

ランニングブームと言われて久しいが、だからと言って毎日20キロ走っている人は多くはないだろう。

多けりゃイイという問題ではないものの、月間100キロしか走らない人に、月間500キロ走る人の景色は絶対に見えない。

「あり得ないくらいやっている」はそれだけで価値があるのだ。積み重ねだからある意味簡単にブランド力アップになりそうだ。

1次情報だとなお良し

「誰かが言っていた」「テレビでやっていた」よりも、圧倒的確度と説得力を持つものは何だろう?

それは勿論、「私がやったらこうだった」という、生の声だ。「また聞き」では無く、情報源そのものに〝嘘偽り〟が入り込む余地は無い。

グランフロントのクマ
他の誰とも違う自分でいい

まとめ

半世紀以上の人生を振り返って、「あの頃のめり込んでたよなぁ…」と思えることが、残念ではあるが、僕の場合極端に少ないことが分かる。

人がやりそうも無いことに深くのめり込むことは、ただそれだけで逆風の対象になり得るのだが、それを「反対された」と捉えるうちは、ややもすると尻込みする方向へ気持ちが傾きがちだ。

そんなこと言っている場合でも無い。「覚悟」とか、そんな大袈裟なことを引っ張り出してくる前に、動き出さないことには、ただ「タイムアップ」が確実に近づくだけじゃ無いか!

The following two tabs change content below.
森下昌彦(えむもりさん)

森下昌彦(えむもりさん)

大阪在住50代。妻と1女1男。  長く医療業界に携わったが、軸足を移すことを模索・実行中。 詳しいプロフィールはこちら
森下昌彦(えむもりさん)

最新記事 by 森下昌彦(えむもりさん) (全て見る)