E-52からE-52Ⅱへアップデート 〜失くしにくいレンズキャップに仕様変更〜

カメラのレンズキャップの紛失は、結構起きやすいトラブルのひとつだと思う。

そんなに高い物でもないが、失くすのはやっぱりイヤ。予防出来るならしておいた方が良いだろう。

そこで、少しだけバージョンアップしてみた。

E-52からE-52Ⅱへアップデート

使えるレンズの種類は同じだが、若干形が変わる。

その「若干」が使い勝手に大きく影響する、という判断で買ってみた。

E-52Ⅱ
E-52Ⅱ

Canonのレンズに付属するキャップは、今はほとんど表側からつまんで装着するタイプになっている筈。

僕が持っているEF 40mm f2.8に付いていたのは、横からつまむヤツ。

これまで2度ほど、意図せず外れていることがあった。

要改善

  1. 何かに当たった時に、横方向から力が掛かると外れてしまう
  2. そもそも、つまみが小さくて持ちにくい
  3. つまみながらカメラ方向に押し付ける動きが、ダブルアクションになるので、装着が不十分になりやすい

上記の3つほどが問題点として挙がったが、すべて一瞬にして解決してしまった。素晴らしい!

間違いなく「買って正解」だった。

まとめ

40mmパンケーキは、これからも僕のラインナップに居座り続ける予定なので、ちょっと気分が良い。古女房が急にオシャレしだしたみたいで、悪くない。

古女房呼ばわりしてはいけないが、言いたいのは「日々のちょっとした改良って大切」ってこと。「此処をこうしたらもっと良くなるのに…」と、いつも頭にあるのと無いのとでは、将来大きな差がつく。

大きな出費でもなんでも無いが、放置せずに効率を上げようと動いた自分を称賛!

いつもカメラを持ち歩くかどうかは、単なる「気分」によって左右されることが多い。ハードルは目一杯下げて、ワクワクを最大化する。

大きな話になるが、人生の実りはそうして大きくしていくものかも知れない。

キャップメモ書き
殴り書きメモ
The following two tabs change content below.
森下昌彦(えむもりさん)

森下昌彦(えむもりさん)

大阪在住50代。妻と1女1男。  長く医療業界に携わったが、軸足を移すことを模索・実行中。 詳しいプロフィールはこちら
森下昌彦(えむもりさん)

最新記事 by 森下昌彦(えむもりさん) (全て見る)