「自分を惜しみなく発揮しちゃダメ」って誰にも言われてないのに… 〜信念について〜

「自分の信念を貫き通す」。これこそが人生そのものであり、つまりそれは「幸せな人生」の大前提でもある。

そして、誰に示すわけでもないがその信念を表現することが、生きた証ともなる。そう考えているのだ。

「自分を惜しみなく発揮しちゃダメ」って誰にも言われてないのに…

上手くいってないじゃないか!

過去を振り返ることにあまり意味はないと考えているが、この先修正が必要かどうかを見極めるということにおいては、「未来を見ている」とも取れる。

痺れるほど熱い思いを持って毎日過ごしてきたか?と問われれば、そんなことは一切ない。何をやってきたの?

  • 人のせいにする
  • 行動できない
  • 自己評価が低い

まあ、色々あるけれど、要するに煮え切らない。

勝ち負けという結果がどうであれ「やり切った時の感動の涙」的なものが一切思い出せない。ただ情けなくて今泣きそうである。それだけである…。

僕の信念とは何だろうか?

決して多くはない僕の残りの時間で、何を表現していきたいと今考えているのだろうか?

それは、「人は幾つになってもリスタートできる」ということ。

順風満帆のエリート人生の対局にいる自分だからこそ発信できるテーマだと思う。

繋がりを創造する

強烈に興味があってやりたい事と、「幾つになってもリスタート」を掛け合わせて、現状で思いつく第一歩はコレ。

自転車、写真、テニスを通じて、人と繋がる。明るくてポジティブなコミュニティが出来れば最高だ。

そして、その拠点が小豆島であって欲しいとは、僕の心の深くが、もしかしたら生まれた瞬間から抱いている感情なのかも知れない。

幸い、目を凝らしてしっかり見つめなくとも、やさしい家族は居る。だから、八方塞がりで生きることに意欲がわかない、なんてことはない。

そう、できない理由はないのだ。あったって探す気はないけど…。

心穏やかが最高

この瞬間から半歩進む

「諦めない限り終わらない」を胸に、毎日半歩でも良いから進む。半歩進んだ自分を認めて、また前を向く。

その繰り返しの先が、暗かろうハズはない。

信念とは何か? 意志の強い人が得する3つの理由

The following two tabs change content below.

森下昌彦(えむもりさん)

大阪在住50代。妻と1女1男。  長く医療業界に携わったが、軸足を移すことを模索・実行中。 詳しいプロフィールはこちら

最新記事 by 森下昌彦(えむもりさん) (全て見る)