絶品定食、小豆島なのに「大阪屋」 〜坂手港での待ち時間はここで決まり〜

小豆島・坂手港でジャンボフェリーの時間待ち。

「お腹すいたなぁ…。」

乗船してしまうと、売店のうどんくらいしか無い。悪くはないが、ガッツリ食べる向きには物足りない。

3時間も我慢できそうにない方は、地元でも大評判のお店に、迷わず直行すべきだろう。

レストランちゃうよ、「御食事処」

フェリー乗り場前で、あたりをぐるっと見回せば、すぐに目につくはずだ。壁にでっかく「食堂」と書いた建物が海辺にある。

言っては何だが、決して綺麗でもオシャレでもない。昨今の小豆島のお店といえば、全然田舎っぽくなくて垢抜けていて、昔とは大違いなのだが、その流れには頑なに逆らっておられるのかな?と思えるほどだ。昭和レトロが滲み出ている。

中に入ると、吉本新喜劇ばりの雰囲気に、やたらワクワクする。

どう見ても観光客には見えない地元のおっちゃんグループが、昼間っからビールを酌み交わす光景が日常だ。

レトロ感溢れる店内

かなり年季の入ったポスターとともに、壁一面に貼られた「お品書き」には、丼ものやうどんなどもあるが、ここは魚を注文したくなる。

店内には生け簀があって、目の前が海。おいしくないわけがないのだ。

大衆食堂やけど、味は「大衆」ちゃうよ

鯵フライの定食を注文した。

これを何の変哲もないと言ってしまうと、それこそバチが当たるだろう。

プリップリでサクッサクの、ボリューム満点フライは食べ応えたっぷり。さすがは産地直送。いや、地産地消。

汁物は普通、お味噌汁が定番だろうか?でも、ここは小豆島らしく〝にゅうめん〟が付く。

アジフライ定食

パックパク箸が進んで、お腹は大満足してしまった。次回は「刺身定食」でいこう、と僕の中ではもう決まっている。地元のおっちゃんの仲間に入れてもらって、ビール付きはもちろんだ。車も自転車もない時の楽しみが出来た。今から待ち遠しいのだ。

旅行は観光だけちゃうよ、地元にも溶け込むのだ

オシャレなカフェもレストランも、もちろん大好きだ。でも日本人だから、「ご飯とおかずとお味噌汁が食べたいよぉ」ってことはあると思う。しかも、肩肘張らない大衆食堂の雰囲気はどこか懐かしい。

坂手港は、大阪神戸と近く、昔はとても栄えた港だった。その頃の賑わいも、このお店はずっと見てきたのだろう。思い入れのある僕としては、そのあたりにも考えが及んでしまう。

もちろん島が初めての方にも、小豆島の思い出のひとつに、地元の食堂にもフラッと立ち寄られることを、オススメしたい。

福部島

 

The following two tabs change content below.

森下昌彦(えむもりさん)

大阪在住50代。妻と1女1男。  長く医療業界に携わったが、軸足を移すことを模索・実行中。 詳しいプロフィールはこちら

最新記事 by 森下昌彦(えむもりさん) (全て見る)