モンベル mont-bell のヘッドランプで、家の中でもキャンプ気分が味わえる

上の子が、夏休みのキャンプに行くのに、どうしても必要だという、頭に巻きつけるタイプのライト。

普通の懐中電灯なら100均で売っているが、両手がフリーになった方が安全なので、ちょっと奮発。

結論から言うと、これは大当たりのお買い得商品だった。

やっぱり、えぇモンはえぇ

買いに行った先は、阿倍野の「モンベル。」ご存知、アウトドア用品の有名ブランドだ。

確かに、ちょっと値段的に高めの商品が多くて、子供に持たせるには贅沢か?と思えなくもないが、後から「これを選んで良かった」となったので、正解とする。

子供がちょっと頼もしくなる夏休み

キャンプに限らず、花火とか肝だめしとか、やはり夏は暗くなってから外に出る機会が多くなる。

そんな時には、小さい子供にも例えば「みんなが歩く先を照らしてあげる」という役割を与えた方がいい。責任を持たせた方が俄然頑張るのだ。ちょっと煽ててあげたりすると、なお良い。

懐中電灯を持たせるとすぐに飽きるし、必ず落とす。その点、頭に付いていると、なぜか集中できるようで、下の子(3歳)でも、じっと前を見つめながら暗い中を歩く姿が、なかなかに健気だった。

宗仁朗でも使えるランプ

インドアでも使いやすさは同じ

夏以来我が家では、押し入れやタンスの中の探し物の際に、このヘッドランプが登場して活躍している。

一番ポピュラーと言える、単三電池1本で使えるので、コストも大したことはない。充電池もOKだし、操作感も安っぽくなく、長持ちするのではないだろうか。

単三で使えて丈夫

¥2,000ちょっとでこれだけしっかりしていて、子供がやけに頼もしく見える。

おまけに、かなり涼しくなってきたけれど、「またキャンプへ行きたいなぁ」という気持ちを掻き立ててくれる。

これ、かなり良い買い物ができたかも知れない。

モンベルのサイトはこちら

The following two tabs change content below.

森下昌彦(えむもりさん)

大阪在住50代。妻と1女1男。  長く医療業界に携わったが、軸足を移すことを模索・実行中。 詳しいプロフィールはこちら

最新記事 by 森下昌彦(えむもりさん) (全て見る)