「数字は人格」 〜お金は好きだけれど数字は嫌い、は通用しない〜

「お金がキライ」という方は、殆ど居ないだろう。でも、「数字がキライ」という方なら、多い筈だ。僕もその一人である。

異性に興味はあるけれど恋愛はイヤとか、運動は好きだけれど汗をかくのはイヤ、が理解不能なように、お金と数字はワンセットなので、お金が好きなら、ちゃんと相手を理解しようとするのが賢明だろう。

そもそも、よく知りもしない相手を好きになること自体が、とても不思議なことではある。

最初に、日経新聞の広告で目にしたこの本だが、自分とは少し離れた世界の話でありながらも、日常のお金との向き合い方に、大きな気づきを与えてくれること必至だ。

早速紹介しよう。

数字は人格

プロローグには、海外出張中に倒れた幹部社員を日本へ連れ帰るために、1,500万円を「ポンっ」と出して飛行機をチャーターした社長のことが紹介されている。

社員数28人の小さな会社である。とても大きい額だ。

この社長は、社員のことを深く思い慈愛に溢れた、いわゆる「人格者」であったから、こんなことが出来たのか?

それを否定はしない。しかし、そんなことよりも「キャッシュを持っていたから」出来たのだ。

社長の人格は現金の上にある

ただ「お金持ち」なだけで、冷酷非道なヤツはいる。それは置いておいて、特にビジネスの世界では、キャッシュが無いと「人格者」にはなれない。いざという時、手を差し伸べることも出来なければ、安定的成長のための投資すら出来ないのだから、とても「危うい人」と言える。

懐に現金を持つ人だけが、会社を潰さずに済むし、社員に安心を与えることができる、といえる。これこそがビジネス上の「とても信頼度の高い人」、イコール「人格者」である。

僕は、現時点で経営者ではないが、家族のリーダーだ。その意味で、いっぱしの人格者である必要がある。

ところが、お金に疎い。まず、その仕組みに疎い。特にそれについて勉強しようともしていない。

そりゃあ、縁遠くなって当然だ。

そこで、まず簡単に出来そうなところから手を付けることに決めた。

気づきがいっぱい

給料明細を隅々まで見る

どうせ毎月変わり無しなので、開封もせずに置きっ放しになっている。変わり無しは、その通りなのだが、まあ見るくらいはしよう。意識付けにはなるだろう。

財布の中身に敏感になる

「足りなくなればATMへ行けば良い」くらいになっているので、お金の出入りに鈍感になっている。

妹に、僕の金銭感覚について「どんぶり勘定やなぁ」と言われたことがある。人の評価というのは、大抵マトを得ているものだ。「何っ!?」とかいちいち憤慨せずに聞き入れてみることも大切だろう。

見通しを立てる

いつまでにどれくらいの規模でお金を回していたいか?の目標がボヤけている。そこから逆算して直近の行動を調整しないと、絶対に近づくことは出来ない。

あまりに目標が高すぎては、瞬殺されてしまうので、「ちょい難しい」くらいで…。

このへんのことについては、妻と共有した方が良いだろうとも思っている。

高らかに宣言した方が、実現性は高くなるはずだと考えるからだ。

勉強する

過去には、〝会社の数字に強くなる〟とか、〝財務諸表〟がどうとか、その手の本を買ったこともあるが、簡単に挫折した記憶がある。

これを機会に、また引っ張り出してこようと思う。現時点での生活に直結するものではないが、視野を広げることは、同時に高い視座を持つことでもある。

人生を好転させる第一歩なのだ。

財務諸表

まとめ

言われるまでもなく当たり前なのだが、「誰だってやることをやれば、その道のエキスパート」なのだ。つまり、たとえ上手くいかなくても、それは「能力不足ではなく、回数不足」でしかない。

まったくもって、耳が痛い。

なりたい自分の姿を見定めて、そこへ一歩ずつ近く。正しい行動を継続する。具体的に、何回その行動を起こしたかに着目すべきで、早い段階で成果を求めては重くなるだろう。

運がない訳でも、世の中が悪い訳でもない。

いつも、最初に自分を見限ってしまうのは、自分自身なのだ。



The following two tabs change content below.
森下昌彦(えむもりさん)

森下昌彦(えむもりさん)

大阪在住50代。妻と1女1男。  長く医療業界に携わったが、軸足を移すことを模索・実行中。 詳しいプロフィールはこちら
森下昌彦(えむもりさん)

最新記事 by 森下昌彦(えむもりさん) (全て見る)