夢を諦めるのではなく「選択と集中」の年にする


僕はテニスの「C級審判」という資格を持っているのだが、その更新時期が迫っている。

大好きなテニスではあるが、もう更新せずに失効も止むを得ないと思っている。

C級審判とは

初めてこの資格取得の講習会を受けたのが、もう6、7年も前になった。

テニスの審判の資格というのは、厳格にランク付けがなされていて、一番下の「C級」は、テニス経験者であればそれほど難しいものではない。

よりルールに詳しくなりたいという興味もあったし、見たことがある人は分かると思うが、試合で冷静にコールして、ゲームをコントロールする審判の姿は、カッコいいのだ。

講習会に参加してテストを受けるまで、1日で完了してしまう。

活かせなかった

せっかく取った審判の資格だったが、僕には活用の場がなかった。

正式に審判を付けるほどの、それなりの規模の大会に参加するのは、勤め人の立場である限りハードルが高すぎた。

必然的に、活動実績に応じて付与されるポイントが付かない。付かないと資格更新ができない、というサイクルに陥いる。

目は衰えてきているし、ここは潔く撤退することにする。

案内が来ました

じゃあ、したいことは?

テニスをしなくなることは考えにくい。何らかの形で関わっていきたい。

だから、「何らか」って何だろう?というのを、もっと真剣に追求する一年でありたい。

この歳ではあるが、そんな経験はゼロだが、テニスの楽しさを大勢で共有するための活動がしてみたい。

子供と一緒に遊びながら、教えてあげられるとか…。

エアケイ
人生の華麗なショットを決めたい

人生折り返し点からが勝負

夢を諦めるのではない。本当にしたいことに、一意専心取り組むことに、ためらいたくはないのだ。

「死ぬまで学び続けなくてはならない」とか言うだけではなく、体現する僕の姿を見て、少しでもイキイキ・ワクワクを感じる人が居たとしたら、それはこの上なく素晴らしいことだ。

The following two tabs change content below.

森下昌彦(えむもりさん)

大阪在住50代。妻と1女1男。  長く医療業界に携わったが、軸足を移すことを模索・実行中。 詳しいプロフィールはこちら

最新記事 by 森下昌彦(えむもりさん) (全て見る)