新しいiPhoneへのデータ移行が簡単すぎて面喰らった話

J:COMからSIMカードが届いたので、早速新しいiPhoneを設定してみた。

前回もしたことがある作業なのだ。しかし、何年かに一回のことなので、確実に忘れる。だから、初めてみたいなものだ。

何歳になっても、挑戦は全てにまさって大切なこと。やっても忘れる。だから復習。その繰り返しでOK。

いきなりの拍子抜け

旧iPhoneと新iPhone。機種は同じiPhone SE 64GB。色だけが違って、ゴールドとローズゴールド。

2つを電源ONにして並べると、それだけで設定とデータの移行が始まってしまった。「クイックスタート」と言うらしい。

iOS11以降の機種ならこれが出来るそうで、前回は違ったと記憶する。

基本的には、数分の間指を咥えて見てるだけ。簡単すぎる。

何事も無かったように終了。ホンマか?って感じ。

クイックスタート
クイックスタート

勢いに乗って続行

次は、送られてきたSIMカードを開封。

最初の関門を難なく通過したところで、俄然勢いづく。

まず、〝台紙〟みたいなのに引っ付いているやつを、丁寧に外す。データを記録した部分を汚さないために、直接指では触れないように注意書きがある。

nano SIMは小さいので、手先が不器用な人は注意。

SIMカード登場
主役登場

iPhoneのカードスロットを開けて、慎重に装着。これで準備完了。

「MNP切り替え設定」と「APN設定」というのをする訳だが、説明書にある通り作業すると、こちらもほんの数分で無事完了。

試しに、うちの固定電話からコールしたら鳴った。iPhoneのディスプレイの右肩にある表示も、「docomo」となって、ノートラブルの模様。

docomo開通
docomo開通

3大キャリアは辛くなる?

実店舗がないMVNOに不安を覚える方も多いと思われるが、これくらいの作業の難易度なら、そのハードルはかなり下がる。

iPhoneのデータ移行にしても、技術革新のペースは確実に上がっていることが実感できた。

情報革命に終わりなし

今春から中学生になる娘は、「そろそろスマホを持たせてもらえるかも…」と虎視眈眈と狙っているようだが、こうして誰もが簡単に使える環境が整ってくると、「ダメ!」の一辺倒では通りにくくなってくる。

「安い」「簡単」「便利」が揃って、個人的には楽しいが、なんとも悩ましい一面もある。

スマホ時代
革命を〝目撃した〟だけでいいの?
The following two tabs change content below.
森下昌彦(えむもりさん)

森下昌彦(えむもりさん)

大阪在住50代。妻と1女1男。  長く医療業界に携わったが、軸足を移すことを模索・実行中。 詳しいプロフィールはこちら
森下昌彦(えむもりさん)

最新記事 by 森下昌彦(えむもりさん) (全て見る)