感動体質になってココロを豊かにする ~子供にしてあげられるのは「示す」こと~

親として最大の務めは、「良い学校に入れて、大企業に就職させること」。

そんな時代もあったかも知れないが、既に崩壊したか、あるいは崩壊しつつあると言ってよいだろう。

知識は必要だが、そこは機械がやってくれる分野であることをわきまえた方が良い。そんな勝算の全くないところに挑むよりも、〝感動しやすい体質づくり〟を手助けすることが、これからの親世代の目指すところだと考えている。

中学受験

娘がこの春から中学生になるが、同級生の何人かは私立中学に行くそうだ。

そういったご家庭では、当然大学やその先まで見据えて、既に大きく投資なさっている。

勉強はよくできる方が良い。もちろん僕だってそう思っている。

それは、良質な経験を積むチャンスが増える、と思うからだ。決して、「良い学校に行けたら将来が安泰だから…」と思っている訳ではない。

ゼロから「1」を生む力

どれだけ地頭が良くたって、AIには絶対に敵わない。それなら人間がAIに勝るところで勝負しようではないか。それは何処か?もちろん、「人間は感動できる」という部分である。

その感動の源こそが、「良質な経験」なのである。

感動でしか動かないのが人間

人が変わる時、成長する時というのは、結局環境と習慣が変わる時である。環境も習慣も、ココロが変わるからこそ動くのだ。

良い経験をして、ココロに火が付いた時に、成長出来るのである。それこそが人生の醍醐味と言っても過言ではない。いっぱい感動したモン勝ちなのだ。

AIは感動しないので、新しいものを生み出す力は無い。何も無いところから「1」を生み出す、人間特有の能力を最大限発揮するには、良い経験をして感動しまくるに尽きる。

手作りケーキ
手作りの経験も最高

本物を体験させる

それには、出来るだけ本物を体験させるようにすれば良い、と考える訳だが、「ホンモノ」って一体何なのだろうか?

なかなかに悩ましいが、考えてみた。

  1. リアルに徹する。「画面を通さない」
  2. 子供のアウトプットを引き出す
  3. チャレンジを褒める

ディスプレーはフィルターである。4Kだろうが8Kだろうが、あくまでも「本物に近い」であって、空気の温かさや波動までは伝えきれない。「ワクワク」や「ドキドキ」こそ、最も大切にすべきだ。

次に、そのココロの動きを表現させる。満面の笑みを浮かべる、大声で笑う、また拙い言葉で「楽しい」を伝えてくる子供を、思いっきり大きな器で受け止める。親の役目は縛ることでは無いのだ。弾けるココロを受け止めるだけで良い。

そして、何よりも「チャレンジした」こと、そのこと自体を褒めよう。結果はあまり重要では無い。やって出来た、やって出来なかった、その全てが経験なのだ。全部が、貴重で良い経験に違いないのだから…。

海水浴
自然を肌で感じるのだ

まとめ

正月に子供たちと凧揚げをしたのだが、うちの子は2人とも、なんと「凧揚げ初体験」だった。

今の都会の子はそんなものかと、びっくりしたのだが、それ故その感動たるや凄まじいもので、寒い中でもなかなか止めようとしなかった。

「ホンモノ」と一口に言っても、制約も多いのが実情だが、何とか感動の芽を摘むこと無く、親自身が面白いことに貪欲で、フットワークの軽いところを見せ付けてやりたい。

その思いを失わないことだけが頼りの、これからも試行錯誤が長く続きそうな子育てである。

The following two tabs change content below.

森下昌彦(えむもりさん)

大阪在住50代。妻と1女1男。  長く医療業界に携わったが、軸足を移すことを模索・実行中。 詳しいプロフィールはこちら

最新記事 by 森下昌彦(えむもりさん) (全て見る)