オリーブ温泉復活! 〜裸で小豆島を感じるなら此処〜

小豆島では、今年もマラソン大会やロードバイクの大会など、盛りだくさんになりそうだ。

汗をかいて疲れた後には、「お風呂へ直行!」が楽しみな方も多いはず。「さあ何処へ行こうか?」となった時に、僕がいつも思い浮かべるのは此処。早速紹介、ぜひお越し!

オリーブ温泉復活!

小豆島にも、「温泉」と名の付くところはたくさんある。でも、ホテルの中とかではなくて、気軽に立ち寄れるという点では、オリーブ公園の「サンオリーブ」と鹿島の「オリーブ温泉」が双璧だろう。

そのうち、今回は「オリーブ温泉」がプチリニューアルしたようなので、こちらに注目。

此処の何がオススメなのかと言うと、スーパーの隣にあって便利なことと、「海のすぐ横」のロケーション、これに尽きる。

ロビー全景
入り口までお湯の香りが…

屈指の露天風呂

露天の岩風呂には、絶対に行った方が良い。お風呂に浸かると、目線が海面の高さと変わらない(実際はだいぶ違うけどね…)。

昼でも夜でも、特に天気の良い日は絶景だ。屋島がすぐそこに見えて、「これぞ瀬戸内海!」である。

買い物ついで

スーパーの「マルナカ」の隣と言うか、スーパーの中にお風呂がある感じ。買い出しに行って、ついでに〝ひと浴び〟なんて贅沢過ぎるが、それも可。

僕は小腹が減った時に夜食を買いに出て、そのまま湯気の魅力に負けることが多い。駐車場もたっぷりなので、立ち寄りやすい。

お隣はスーパー

ロビーが広くて落ち着く

風呂上がりに、気分的にゆっくり出来ないと何だか残念。その点、此処はスペースが大きめに取ってあって、楽チン。いつも冷たい飲み物が欲しくなる。足を伸ばして、「ゴロン」と出来る場所があったら最高。ないけど…。

土庄港に近い

土庄港からは、車で5分ほど。島外へ帰る方は、ギリギリまで楽しめるので、時間がたっぷりと使える。

フェードアウトの危機?

実は、開業してから随分と年数が経ったので、このところ設備的には古さが目立ってきていた。

おまけに、前回寄った時には、温泉の汲み上げ装置に不具合が出て、「水道水を沸かして使っています」という案内が出ていた。

これはピンチ!もしかして、このままフェードアウト?そうなると観光的にも痛いよっ、と心配していたのだが、少し手が入ったようだ。

ロッカーが新しいものに取り替えられていたし、勿論お湯も、しっかりと温泉の香りが復活していた。塩分きつめの此処のお湯、妙に安心してしまう。

温泉の案内
各種お湯を取り揃え

まとめ

地元の方もたまには温泉。旅行者だったら、もちろん温泉。何しろ都会のスーパー銭湯では絶対にありえない、天然の〝瀬戸内産潮風付き〟なのだ。

ちょっと熱めのお湯が好みの方には、特にオススメ。ぬるめ好きの方は、露天での半身浴をどうぞ。

きっと、体も気持ちもポカポカで、満足度が弾けてしまうこと必至。「小豆島来て良かった!」がもれなく付いてくる。

美人の湯
左右が入れ替わるので気をつけて

オリーブ温泉のWebページはこちら

The following two tabs change content below.
森下昌彦(えむもりさん)

森下昌彦(えむもりさん)

大阪在住50代。妻と1女1男。  長く医療業界に携わったが、軸足を移すことを模索・実行中。 詳しいプロフィールはこちら
森下昌彦(えむもりさん)

最新記事 by 森下昌彦(えむもりさん) (全て見る)