その日のうちに「疲れ」と「感情」をリセットせよ!ただしこの一点だけは要注意 〜家庭の安寧が最優先〜

今や「寝だめは出来ない」は定説だ。

体の疲れも、落ち込んだ感情も、その日のうちに綺麗にしておかないと、長引く。パフォーマンスの低下は避けられないだろう。

でも、そもそもの原因に奥さんが絡んでいたとしたら、結果を急ぐのは得策ではない。理由は言うまでもないだろう。奥さんは怖いからだ。そして、女性は感情の生き物だから。

「負債軽減」の前に「家庭第一」

週末に一日中寝ても、疲れの軽減にはならない。昨年、「睡眠負債」という言葉に注目が集まったが、基本的に負債は溜まる一方。長期的なライフスタイルの改善が無ければ、返済はおぼつかない。

だからこそ、やっぱりその日のうちに清算してしまわねば!という気持ちになるのは分かる。

でも、特に感情の乱れにおいては、その原因が人間関係である場合も多いはず。そして、悪いことにその相手が奥さんだったなら、これは一筋縄ではいかない。

奥さんと、冷戦状態になる前に、ぜひ気を付けることを挙げてみた。

1. 一晩おいてから

万が一こじれた場合、「その日のうちに清算」は一旦棚上げしよう。目先の成果を追い過ぎて、ドロ沼に落ちたら大変。自分の頭を冷やすためにも、時間の力を素直に借りるべき。

2. 同じ未来を見ていることを強調する

一時的に意見が合わないこともあるだろう。しかし、それはごく表面的な部分においての話。深い芯のところは共有出来ているに違いない。

夫婦なんだから、ベクトルが同じ方向を向いていることが確認できるだけで、悪い気はしないはず。

現状を冷静に俯瞰するところが、ミソ。

3. 「折れる」と「負ける」を混同しない

でも、分かっていても出てしまうのが「プライド」。ねじ伏せられたふりをしてでも、主導権だけは渡さない。その手法でプライドを維持するのだ。

言い合いになれば敗色濃厚。だから、言わせておいて良いと思う。「負けるが勝ち」とはよく言ったもの。どんどん折れつつも、別のアングルから攻めて、一目置かせてやれば良い。

ポンポン
結局奥さんをキラキラさせることが最優先

まとめ

一番身近で、しかも密接に絡んでくる奥さんであるが故、こちらの感情に常に影響してくるのを避けることは不可能だ。しかも、それが必ずしもプラスに作用するわけではないことは、身に染みて分かる。

でも、そんなもんなのだ。仕方ない。

最悪なのは、いつまでもズルズル引きずること。そんな目も当てられない事態を回避するためなら、グッと堪えるくらい朝飯前。

「損して得取れ」とでも言おうか、どうせ男の懐の深さと温かさに、ひれ伏す事になるのは目に見えている。

「その上から目線が腹立つ!」とか言われそうだが、構うものか!思い知らせてやるのみ。うちの妻よ、待ってろ!

The following two tabs change content below.

森下昌彦(えむもりさん)

大阪在住50代。妻と1女1男。  長く医療業界に携わったが、軸足を移すことを模索・実行中。 詳しいプロフィールはこちら

最新記事 by 森下昌彦(えむもりさん) (全て見る)