ママチャリのブレーキシューの交換は、レンチ(スパナ)よりもナットドライバーが便利

ロードバイクが大好きな僕でも、普段の通勤はママチャリ。

普段の足にフェラーリは向かないでしょ?それと同じ。フェラーリは〝あげあげの時〟だけ。

でも、普段使いの方を粗末に扱っては、「自転車乗り」の名が廃る。最低限の整備は自分でする主義だ。

最近、前ブレーキが「キーキー」鳴り出したので、交換するぞ。

ママチャリのブレーキシューの交換は、レンチ(スパナ)よりもナットドライバーが便利

「レンチ」は棒の先が二股に分かれてるか、輪になっているもので、そこをボルトの頭にかけて回すもの。「ナットドライバー」はドライバーの先がボックス状になっていて、ボルトの頭を上から「カポッ」と被せて回すもの。

ベースむき出し

随分と長い間交換しなかったので、シューのゴム部分が擦り切れて、ベースの金属部分がむき出しになっていた。それがリム(ホイール)に当たって、「キーキー」っと…。

放置しすぎ!ごめんなさい。

使い古し
ボロボロ

説明不要

ママチャリのブレーキシュー の交換は、超簡単。パーツはホームセンターでも売っているし、安い。

ネジを外して、新しいのを付けて、またネジを付ける。それだけ。左右をよく確認することを忘れずに。

ブレーキゴム
新品

便利グッズ

一般的にボルトやナットを回すには、レンチ(スパナ)を使うが、ママチャリの場合、ナットドライバーがあると便利で、登場機会も意外に多い。

  1. 狭いところに入っていける
  2. ワンアクション
  3. 左手が同時に使える

ドライバーの先が入りさえすればOKなので、スパナのように横方向にはスペースが要らない。

かつ、「クルクル」と連続的に回すことが可能。スパナなら「キュッ」と90度くらい回すたびに、また元に戻って再スタートする必要があるので面倒。

左手がフリーになるので、押さえたりするのに使えて作業精度が上がる。

作業効率大幅アップ

工具に万能性を求めると、やや効率が悪くなる面はある。「ママチャリのブレーキ調整に特化する」と割り切れるなら、ナットドライバーを用意する選択は大正解。

そんなに高いものじゃないし、10mm径のドライバー、一本常備しても損はない。

The following two tabs change content below.

森下昌彦(えむもりさん)

大阪在住50代。妻と1女1男。  長く医療業界に携わったが、軸足を移すことを模索・実行中。 詳しいプロフィールはこちら

最新記事 by 森下昌彦(えむもりさん) (全て見る)