「健康診断なんてイヤだぁ~!」とも言ってられなくなってきた ~躊躇なく100歳人生を選ぶことを決めた~

もともと「病院嫌い」だし、大きな病気が見つかったこともない。そこに胡坐をかいている訳ではないが、わざわざ時間を割いて出かける意味を見出せない。

でも、そんなこと言ってる場合ではなくなってきた。目指すものがあるなら、身体あっての事だし、ここはグッと飲み込む場面だろう。

「目指すもの」とは、「スーパーおじいちゃん」である。

嫌いな理由 1

今年も、職場から健康診断に行くよう促されて、行ってきた。でも、「これって、誰のために行ってるの?」って気分が拭えない。

数年前までは、診断結果をコピーして提出するよう言われたが、そういえば近年はない。

こんな超プライベートなデータを、なんで他人に開示しないといけないのか?と、半分怒りさえも覚えたが、無いなら無いで「どうでもいいの?」って、これもまたイライラさせられる。

結局あくまでも会社の〝点数稼ぎ〟であって、「やってますよ」のアピールに過ぎない、と捉えている。対外的には、福利厚生が整っていると映るかも知れないが、その実、ハナから社員の健康状態になんて、興味無しってこと?

病院
最近は綺麗な病院が多いです

劣化してきた

腹がたつのは事実として置いておくが、残念ながらそんな事ばかり言ってられなくなってきた現実もある。

まず、眼が見えにくい。老眼だ。それだけじゃない。疲れやすい。瞬発力がない。

見えないところでは、もっと深刻な劣化が進んでいる可能性は否定できない。

でも、「歳なんだから仕方ない」で片付けられない事情がある。

したい事いっぱい有り過ぎにつき…

したい事が多過ぎるのだ。いっぱいいっぱいある中でも、「自ら身体を動かしたい」という望みが強い傾向にある、と分析している。

マルチな「スーパーおじいちゃん」を目指すなら、身体のメンテナンスは万全でないといけない。

バリウム検査
気持ちが重いけど…

100年時代に100歳を目指さずしてどうする!

「人生100年時代」はすぐそこだ。いや、もう始まっているのかも知れない。

「まだ先は長いじゃないか…」と不安になるよりも、「第2、第3の人生にワクワク」の方をもちろん選びたい。

身体とマインドが備わった人には、それを謳歌する資格があるということになる。

ためらわず、取りに行くぞ!まだ折り返し点を過ぎただけ。

The following two tabs change content below.
森下昌彦(えむもりさん)

森下昌彦(えむもりさん)

大阪在住50代。妻と1女1男。  長く医療業界に携わったが、軸足を移すことを模索・実行中。 詳しいプロフィールはこちら
森下昌彦(えむもりさん)

最新記事 by 森下昌彦(えむもりさん) (全て見る)