たったひとりのサーブ練習に適したコートはココ ~浜寺公園編~

テニスは相手がいないと出来ないスポーツ。

それはもちろん間違いでは無い。でも、実際の試合では、ラリーが長く続くことは意外に少なくて、ボールが2~3回往復したら終わりというケースが殆ど。

つまり、サーブの重要度がとても高いということ。

さらに、サーブはテニスの中で、唯一自分が好きなように打てるショット。相手の打ったボールを返球するのでは無いので、〝合わせる〟必要がなく、その意味で技術の習得が容易い(はず)。

ならば、一人でも黙々と練習すれば良い。

周りから、「友達居ないんだぁ…」「クライ人っぽい」というネガティブな視線を浴びることが予想できるので、最初はためらうがすぐ慣れる。

ならば絶対にやってみるべし。「ひとりサーブ練習」にオススメのコートを紹介する。

グリップ
寡黙に、ただ練習

たったひとりのサーブ練習に適したコートはココ

ひとりでサーブを打ち続けるなら、それに適したコートとそうでないものがある。

一番困るのが、複数のコートが横にズラッと並んでいるタイプ。できれば1面だけ単独で配置されているものが望ましいが、2面だけが横並びのものも、ぎりぎりセーフ。

フェンスの角に向かって一方向にのみ打てば、後でボールを集めやすいし隣の邪魔にはならない。

でも、例えば3面、4面の真ん中に挟まれたコートだと、それは不可能。球拾いをしてくれる人がいないと、すぐ隣へコロコロと行ってしまう。

浜寺公園

今回出かけたのは、堺市の浜寺公園内のコート。

その中の「南コート」は、砂入り人工芝が2面、クレーが2面の計4面あるが、全てが単独に配置されていて、隣のコートとは一切干渉しない。

「北コート」は、砂入り人工芝4面、アンツーカー4面がそれぞれ横並びになっているので、端のコートが取れれば良いが、そうでないと厳しい。

あと一つ、「泉北臨海緑地コート」もあって、ここは砂入り人工芝8面が縦に並ぶ細長~い配置で、今回の目的にはおあつらえ向き。でも、運河を挟んで随分と遠いので、電車利用でのアクセスは事実上NG。

よって、やはり「南コート」を選択。

浜寺公園のサイト

軽井沢?言い過ぎ?

南海本線の「浜寺公園」からも、阪堺電車の「浜寺駅前」からも目の前。

入ってすぐを左手に進むと、「テニスコートA,B,C,D」の表示が見えるはず。その途中に「管理事務所」があるので、そこで手続きを済ませる。

ここのコートは、「森の中にひっそりと佇む」といった風情で、見ようによっては避暑地のリゾートっぽい。静かで良い感じ。

サーフェスも綺麗で何の問題も無し。完全に練習に没頭してしまった。〝お試し〟で1時間だけ押さえてみたが、気候が良い時なら2~3時間でも平気だろう。

緑が溢れる公園の中は、やはり文句なしに気持ちいい。テニスももちろん良いが、たまには、半分ピクニック気分でもいいかぁ、ってくらいの〝ゆるさ〟も必要だろう。

南Cコート
サーフェスはピカピカ

追伸

僕の住む大阪市内からは、阪堺電車を使ってなんと¥210。安い!

手軽に財布にも優しく公園を楽しめるのはありがたいが、大きなラケットバッグとボールかごを持っていると、狭いチンチン電車に乗るのはやや気が引ける。

あまり大きなスペースを独占してしまわないように、マナーを守るのは当然、テニス界の広報&普及員でもしているつもりで振る舞いたい。 

The following two tabs change content below.

森下昌彦(えむもりさん)

大阪在住50代。妻と1女1男。  長く医療業界に携わったが、軸足を移すことを模索・実行中。 詳しいプロフィールはこちら

最新記事 by 森下昌彦(えむもりさん) (全て見る)