「お金のポケットが増える スゴイ!稼ぎ方」山﨑拓巳氏著の自由への道しるべ

表紙をめくると、いきなり「年収は、大人の通信簿」と書いてある。

まあ、その通りだと思う。でも、だからどうしろと言うの?

今更、「複数の収入源があった方が良い」なんて分かってる。

知りたいのは、そこに至るための最初の一歩。ハードルを思いっきり下げた、誰にでも乗り越えられそうな、最初の行動は何なのか?ってこと。

そこを、この本から探ってみた。

「お金のポケットが増える スゴイ!稼ぎ方」を読んだ

結局、仮想〝自分がなりたい人〟を真似る。パクると言うか演じる。どれも一緒だが、〝普通〟の域を突き抜けるくらい「徹底的にやる」というところがキモかと思う。

良好な人間関係

まずは、周りに自分を好きになってもらわないと話にならない。普通、好きでもない人の力になりたいとは思わないからだ。

そう、自分ひとりの力では1ミリたりとも成功に近付けない、と肝に銘じよう。人の力を借りるのは、絶対の前提条件。

好きになってもらおうとするなら、相手に貢献しなくてはならない。いかに相手に喜んでもらうか?という話である。「1分あったら、ひとりの人を喜ばせることができる」の精神で、ポジティブ情報を伝えまくる。それも立派な「貢献」なのだ。

そして、そこには信頼も備わっていないといけない。小さな行動、小さな発言、小さな思いやりが積み重なって、信頼してもらえるようになることを、常に心に留めておくべきだろう。

付箋いっぱい
気付きがいっぱい

「諦めない」を決める

この先の人生に変革を起こそうとするなら、先入観を削ぎ落とすことが、必須である。単に〝今までの続き〟でも良いのなら、それも有りだ。でもそうじゃない。先入観はあくまでも過去の上に立脚するもので、この際、過去はあっさり忘れ去るべきものなのだ。

僕たちが向かうべきは〝未来〟だけ。自分の背中を押すための教訓になるならまだ良いが、足枷にしかならないのなら、過去は捨てる。

この時に大切なスピリットが「諦めない」である。「やってみたらダメだった」まではOK。そこで「諦めない」を予め決めておく。決めておくだけで、その後の道の開け方が違ってくるだろう。

「どうせやっても無理」と嘆いているうちは本気じゃない。

追い込まれ、「やるかやらないか?」の決断を迫られ、「やる!」と決めた瞬間に目の前の景色が変わる。決めて、受け入れるところから、現実が動き始めるのだ。

稼げる人
自分の価値を高められるか…?

志を持つ

理想の世界を夢見て、それを培養して拡大していかなくてはならない。つまり言葉にして発信して、同志を集めていくのだ。

自分の頭の中に収まりきらない、〝公のプロジェクト〟にまで昇華させる。最初から、それくらいでっかいアドバルーンを上げるつもりだと、動き始めた時のエネルギーがとてつもないものになって、もう簡単には止まらない。ある意味、思う壺だ。やらない手はない。

本当に恥ずかしいことは何かを知っている

「とにかく見切り発車でいいので行動せよ」は、どこの自己啓発本にも書いてある。準備が完璧に整うのを待つ間に、チャンスは遠のくのだ。

「本当にカッコ悪いのは、格好をつけてチャレンジをしない自分を選択したこと」。淀みのない、熱量に溢れた人生を送ることに、ためらいを感じるなんて有り得ない。「恥ずかしい自分」を晒したまま、命の幕を閉じるのは御免なのである。

作品
人生の創造主は自分自身

まとめ

第6章の、『そもそも「稼げる人」って、どんな人?』を中心にまとめてみたが、成功者の「あり方」と「やり方」について特に重要なのは、なにしろ初動が早いことと、止めるのも早いということ。

トライ&エラーの数を重ねることに躊躇いがない。やってみないと向いているかどうかなんて分からないし、出来るかなんてもっと分からない。

変革のための「誰にでも乗り越えられそうな最初の一歩」は、とにかく小さな一歩を踏み出すこと。そのための、「ココロの障壁」を取り除くこと。「踏み出す」と「障壁を取り除く」は表裏一体。同時進行させることで、指数関数的にパワーアップしてくる類のものだ。

もし、ただ指をくわえているだけなら、そんな自分を恥じなければならない。

The following two tabs change content below.

森下昌彦(えむもりさん)

大阪在住50代。妻と1女1男。  長く医療業界に携わったが、軸足を移すことを模索・実行中。 詳しいプロフィールはこちら

最新記事 by 森下昌彦(えむもりさん) (全て見る)