自分の思考パターンを知る 〜泥沼にハマる前の予防策〜

体の健康が損なわれた時に、パフォーマンスが落ちてしまうのは仕方ない。

それと同じか、あるいはそれ以上に悪影響を及ぼしかねないのが、心の健康だ。

やる気に溢れた状態を維持するには、心身ともにハイレベルであることを要求されるのは当然で、それを為すための基本中の基本は、もちろん「自己管理」である。

自分の思考パターンを知る

「背中がゾクッとしたら風邪近し!」とか、経験上得られた要注意ポイントがあると思う。

同じように、心の状態が崩れていく時にも、その前兆があるはずだ。

よく振り返れば、自分のことだから簡単に分かる。

環境整理

僕の場合多くは、しようとすることに邪魔が入る、または思うように動いてくれないことでイライラする、というところからスタートしているようだ。

行き着く先は「言い合いになる(夫婦げんか)」なのだが、これが結構ダメージ多大。その場だけでケロッと出来ない、粘着質なところがお互いにあるので、厄介だ。よって、これだけは避けたいところ…。

伝えることが第一歩

そこで、地味ではあるが着実な一歩を踏み出し続けるための、日頃の心得を幾つかあげておく。

  1. 自分のやろうとすることを告知する (そのときに出てきた相手の要求は極力受け入れる)
  2. 家族への愛を絶やさず伝える
  3. 疲れている時は早めに退散
  4. 相手を変えようとするのではなく、自分の感情を伝える
雨は上がる
雨だからこその美しさもある

先まわり

スポーツに例えると分かりやすい。

流れを読んで、ピンチを察する力が備わっていないと、パンチを浴び続ける結果になるので、勝利は覚束ない。

洞察力は、心身が整った上でこそ磨かれる素養なのである。

The following two tabs change content below.

森下昌彦(えむもりさん)

大阪在住50代。妻と1女1男。  長く医療業界に携わったが、軸足を移すことを模索・実行中。 詳しいプロフィールはこちら

最新記事 by 森下昌彦(えむもりさん) (全て見る)