ニンジャストラップでフットワークが軽くなって撮影枚数が激増

カメラをストラップで首から掛けているだけでは、ブラブラして不安定なのだ。

撮影の時は良いが、それ以外は身体にピタッとフィットしてくれると、非常に都合が良い。

つまり、伸縮自在のストラップが有れば最高なのだが、そんな逸品を発見したのでご紹介。

ニンジャストラップでフットワークが軽くなって撮影枚数が激増

別に目的もなく、カメラ片手にウロウロ。気になるシーンで「パシャ!」と撮ったらまた移動。

スナップショットはそんな具合で、撮っている時間よりもターゲットを探している時間の方が圧倒的に多い。

つまり、カメラをいかに楽に持ち歩くかが、ストラップに求められる機能の重要な部分だ。「軽くて丈夫」なんかは、当然のものとしてあった上での話。

見た目も「いいね」

その名も「ニンジャストラップ」

忍者のように「ひょいひょい」と軽快に飛び移るイメージだろうか。それくらい足取りが軽くなりそうな予感がする出で立ちである。

最大の特徴は、その長さをほぼワンタッチで調節出来てしまう点。

短くたすき掛けにして、体に密着させて移動。次の瞬間には「ひゅー」っと伸ばして、カメラを前に持つことが出来る。

明解な取説が付いてなくて、最初は使い方に戸惑うかも知れない。でもYouTubeで検索して、そこはクリア。すぐに慣れて、一瞬でノープロブレム状態。

簡単かつスタイリッシュ

ワインレッド

色は、地味過ぎず悪目立ちしない、ワインレッドを選択。

ベルト幅は、いくつか用意されている中で25ミリを選んだが、安定感十分で申し分無いし、丸めるとそこそこにコンパクトになって嵩張らないところが良い。

カメラに付属してくるストラップは、もう少し幅広で厚みもあるが、大型のカメラだと、確かにあれくらいの方が安心感はある。好みや用途で使い分けるのもアリかも?

ウエストポーチが要る?

身軽で手軽とは言っても、スマホや財布やちょっとした荷物は持ち歩きたい。

そんな時に、ニンジャストラップと併用できることを念頭におくと、手提げはもちろんリュックもNGだろう。

まずウエストポーチが浮かんだが、ベルトの干渉が気にならないという条件付きで、ボディーバックも候補になるかも知れない。

「diagnl」って会社の製品

まとめ

そもそもの目標は、無駄を削ぎ落として機動力を上げるところにあるのだが、突き詰めるとまた便利グッズが増えていくというジレンマも待ち受ける。

そのあたりにはくれぐれも注意しながら、シンプル&快適写真ライフを目指したい。

道半ばではあるものの、このところ撮影枚数が格段に増えているのも事実なのだ。

文字通り、カメラを肌身離さず持ち歩きたくなる「ニンジャストラップ」が、一歩先の世界へ僕を連れ出してくれたような気がする。

オススメである。

たすき掛けで軽快
The following two tabs change content below.

森下昌彦(えむもりさん)

大阪在住50代。妻と1女1男。  長く医療業界に携わったが、軸足を移すことを模索・実行中。 詳しいプロフィールはこちら

最新記事 by 森下昌彦(えむもりさん) (全て見る)