写真補正を手軽に始めてみよう 〜「作品」に高められます〜

写真を撮っていて、なかなか上手くいかないものの1つが、「イメージ通りに撮れない」であろう。

地道に腕を磨くのは当然の前提としてあるが、補正するクセを付けるのも並行して必要なものじゃないか?

デジタルならではの恩恵をフルに活かせば、何段階も写真が好きになるはずだ。

撮った写真が見違えるほどに…

ちょっと写真に詳しい方にとっては、「JPEG」だの「RAW」だの、「Lightroom」なんてのも当たり前だろう。

しかし、今や「写真はiPhoneでしか撮ったことがない」という方も決して珍しくはない。簡単に超絶綺麗に撮れる時代に、わざわざパソコンを持ち出して修正作業なんて、大部分の方にとっては別世界の話かも知れない。

でも一度でもその面白さに触れると、またやりたくなる。きっちりと水平と垂直を取るだけでも、見違えるように整う。

敷居が高いことは否めないが、写真に深く関わってくると、足を踏み入れざるを得ない場所のようだ。

色調補正ツールは難しい?

でも、ひとことで言うと「むずかしそう」なのである。

タダじゃないし、やや躊躇する気持ちは分かる。それでもやった方がいい。

「どうしよう…」これがオススメ

そんな時は、手始めにiPhoneの写真アプリの編集機能を使って練習してみるのをオススメする。

一眼で撮った写真をMac(iPhone)の写真アプリに取り込んだら、「編集」を使っていろいろいじってみると良い。

ただ、始めてはみたものの、「明るさ」は分かっても、「彩度」「シャープネス」はあまりピンとこない。そんな感じでも十分だ。やってるうちに何となく分かってくる。とにかく触ってみることが大切。

最初にも書いたが、自分のイメージしていた出来上がりと、実際とを少しでも近付けることが目的。

やってみて、いろいろ動かせることが分かるだけでも、第一歩としては大成功と言える。

まとめ

もちろん「Lightroom」を使った方が多機能だし、そのうちそっちに移行したくなる。

僕もつい最近までそうだったが、写真はカメラで撮ってそこで完結するものだと思っていた。それでも十分楽しいのだが、その先に「作品」まで昇華させるための作業が待っているのだ。

この歳でも新しい世界が発見できることに喜びを感じる次第だ。だからこそ、まず気軽にiPhoneの機能を使い倒して楽しみたい。

The following two tabs change content below.

森下昌彦(えむもりさん)

大阪在住50代。妻と1女1男。  長く医療業界に携わったが、軸足を移すことを模索・実行中。 詳しいプロフィールはこちら

最新記事 by 森下昌彦(えむもりさん) (全て見る)