EOSの充電器に問題発生? 〜精密機器は温度変化に弱い〜

EOSの最上位機種に使われるバッテリーLP-E6NHと、そのバッテリーチャージャーであるLC-E6に、問題発生を匂わせる事象が見られたので、ご報告まで。

EOSの充電器に問題発生?

LP-E6、LP-E6N 、LP-E6NHの3つは、現行EOSの上位機種で広く使われているバッテリーパックで、全てに互換性があるのでとても便利。

RPを除くRシリーズ全機種、5Dシリーズなどがそれに当たる。

問題詳細

いつものように夜に充電器に挿したまま寝た。

朝起きると「充電完了」を示す緑のインジケーターが点いているのが通常だ。

しかし、その時はオレンジ色が高速でチカチカ点滅していた。「充電中」ならもっと遅いリズムで「ピカッ ピカッ」と光るはずで、明らかにおかしい。

もう一度挿し直したが、変わらなかった。

Canonのホームページで確認すると、「何度かやり直して状況が変わらなければ、サービスセンターに相談せよ」の旨が書いてある。

わざわざ書いてあるということは、よくある事象であることが窺える。

https://cweb.canon.jp/e-support/products/eos-d/131008lp-e6.html

今年は寒い

修理に持ち込むにしても、先方は平日の日中しか対応してくれないし、どうしたものか?

そんなことを思いながら、もう一度コンセントに挿してみると、何事もなかったように充電が始まったのだ。

「あれ?何だったの?」

本格的な故障の前兆だったら困るので、仕様書を読み直してみたのだが、大いに引っかかったのが「使用可能温度:+5℃〜+40℃」というところ。

なるほど、今年の冬は寒い。我が家はマンションなので機密性は高いと思われるが、それでも無人の部屋なら夜はかなり厳しい。

要するに「寒すぎてエラーが起きた」と思われる。実際、その点を気を付けると、その後何ら問題は起きていない。

充電器
高速点滅中!

ついでに、例えばiPhoneならどんなものか?と調べてみた。

iPhone12 Pro

動作時環境温度: 0℃〜35℃

保管時(非動作時)温度:-20℃〜45℃

大差ない。総じて「精密機器は温度変化に弱い」のだ。

寒ければ固まるし、暑ければ暴走する。「気難しいヤツめ!」と思わずにケアしてあげよう。ずいぶんお世話になってるし…。

まとめ

EOS 5D Mark3 ユーザーの僕は、次の機種としてR6を狙っているので、今後もこのバッテリー並びに充電器を確実に使う。

修理あるいは買い替えとなると、それなりの出費も覚悟しないといけないだろうが、その点では安心した。

改めて、「精密機器は温度変化に弱い」を再認識出来たので、要注意だ。

The following two tabs change content below.

森下昌彦(えむもりさん)

大阪在住50代。妻と1女1男。  長く医療業界に携わったが、軸足を移すことを模索・実行中。 詳しいプロフィールはこちら

最新記事 by 森下昌彦(えむもりさん) (全て見る)