目標を〝削ぎ落とす〟ことで叶えたい 〜古いストーブを取置きすることに意味はあるか〜

年末休みに、久しぶりに小豆島へやって来た。

夏の暑さもさることながら、冬はことさら厳しい。何しろ、帰る家は古い上に普段は空き家。冷や〜っとして、し〜んとして、「寒い!」がぴったりな空気感だ。

確か物置に古い石油ストーブがあったはずなので、探してみた。

昔人間にはよく分かるが…

祖母だろうか、叔父だろうか。昔人間の彼らは、「いつか使うかも知れない」と思って、誰が来るかも知れない、主が居なくなってしまった家であるにも関わらず、多分購入時と違わないように、綺麗にダンボールのケースにそれを収めていた。

その「いつか」が来た訳だが、はっきり言えば全く役に立たない。

なにかと劣化しまくっているのが、一目瞭然なのである。

部品が外れてしまったのだろうか、どうも心許ない外観を呈している。

残念ながら、これに火を点ける勇気はない。

綺麗に箱に入ってたけど

物が主役ではない

僕は、昔から物持ちが良い。物を大切にすることは、美徳だと今でも思っている。

しかし、使わずに保管しているだけだとしたら、逆にものに縛られているに過ぎない。

物には、使うことで生み出される価値というのがあって、使わない物は負債でしかない。置いているだけで、スペースや時間のコストが掛かっていることはなかなか意識しづらいが、事実だと思う。

コンピューターの中身が整理されていないと、結局はメモリーが消費されて、じわじわとダメージが広がったあげく、パフォーマンスが落ちる。

新年に思うこと

間も無く新年を迎える。

僕の中の、「いつか役に立つかも…」を一掃しようと思う。

ホリエモンの「多動力」を否定はしないし、むしろ共感している僕だが、とりあえず一意専心にシフトして、より深く探求する一年にしたい。

太い柱を地中に埋め込むために、深い穴を開けるのだ。最終的に、何本も柱を立てたい思いに変わりはないが、「より研ぎ澄まして、眼もくれず」という姿勢を再確認して、ジャンプアップする。

空き家

The following two tabs change content below.

森下昌彦(えむもりさん)

大阪在住50代。妻と1女1男。  長く医療業界に携わったが、軸足を移すことを模索・実行中。 詳しいプロフィールはこちら

最新記事 by 森下昌彦(えむもりさん) (全て見る)