小豆島・西之滝は山岳霊場の代表格 〜過去と繋がって未来を見据える〜

小豆島は山の島なのだ。のどかなイメージに反する、瀬戸内最高峰を有する険しい山の島だ。

従って、小豆島88カ所のいくつかは、厳しい「山岳霊場」の名前通りに、そのロケーションに慄いてしまいそうになる所もある。

その筆頭格と言って良いだろう。42番札所の「西之滝」である。

早速紹介する。

アクセスは意外にも簡単

昔、初めて登った時には、道が分からずに困った記憶がある。今は、カーナビにガイドしてもらえるので超簡単。

池田の、新しい井上誠耕園の前の、池田農免道路から入って行くのが一番行きやすいだろうか。

途中、不安になるほどの急坂と道の狭さにたじろぐが、そのまま勇気を持って突っ切って欲しい。ただし、ガードレールがない所もあるので、要厳重注意。

交互通行の信号が見えたら、ゴールは近い。

登山道

この日は元日だったが、決して広いとは言えない駐車スペースが、半分くらい埋まっていた。普段の閑散ぶりからすると、「大盛況」の部類だろう。

一歩ずつ世界観に吸い込まれていく

最初に長い石段がある。ここを登る途中で、一旦振り向いて欲しい。遥か遠くに四国本土を臨み、眼下には海がキラキラ輝いている。

数多くのドラマや映画のシーンに使われた場所だ。ハッと息を飲む光景が、ここが神聖な場所であることを示してくれているようでもある。

さらに進むと本堂が見えてくる。切り立った岩の壁にへばりつくように建つ姿が、神々しいほどである。

簡単には人を寄せ付けない厳格さに圧倒される。

岩壁に建つ本堂

時間を超えて心を共有する

その昔、車も何もない時代の人たちは、この本堂に一歩足を踏み入れた時に、どう感じたのだろうか?それほど高い山ではないが、ろくに道もないようなところを登るのは、並大抵のことでは無かっただろう。

この場所に来ることで、その人たちと、通じ合ったように感じるから不思議だ。信仰深いわけでも何でもない僕でも、なんとなくかしこまった気分に浸りたくなるのは、きっとこの空気感が好きなのだろう。

荘厳な雰囲気

未来へ翔び立つために

悠久の過去から脈々と続く、溢れんばかりのパワーを感じたいのだ。

しかし、もちろん振り返るために感じたいのではない。今を見つめ、将来を生きるために、しっかりとココロを研ぎ澄ましておかなければならない。

絶景かな

ちなみに、この場所は、小豆島でもちょっと隠れた夕陽スポットのひとつだ。標高の加減で、少し太陽を見下ろすような感じにも見える。広く海を見渡せるところが、特筆モノである。

しかし、暮れてしまうと帰り道が怖いので、早めに退散することをお勧めする。

西之滝から臨む

The following two tabs change content below.

森下昌彦(えむもりさん)

大阪在住50代。妻と1女1男。  長く医療業界に携わったが、軸足を移すことを模索・実行中。 詳しいプロフィールはこちら

最新記事 by 森下昌彦(えむもりさん) (全て見る)