「メルセデス ミー 大阪」へ行ってきた 〜高まっていける自信までもらえて超満足〜

実は集中するのが苦手な僕。家には小さい子供が居るので、さらに厳しい。

環境を変えたい時に、「雰囲気の良いカフェに行こう!」は、ありがちな発想だ。一端のノマドワーカーのようだが、落ち着けて、良い刺激も貰える。気分転換も兼ねて、気に入る場所をピックアップする作業。それ自体も楽しいのは事実。

そんな時、グランフロント大阪の、メルセデスベンツのカフェを知った。

行き帰りの混雑には閉口するが…

みなさんよくご存知の、「グランフロント大阪。」休日ともなると大変な人出で、人混みが苦手な身には辛いが、ウロウロするのではなく、特定の店をピンポイントで狙うなら、グッと興味がそそられる。ワクワクする。

そんな中の、特に車好きには見逃せない、「メルセデス ミー。」
それは、カフェと車のショールームを融合させたお店。簡単な組み合わせではあるが、当然そこには、メルセデスならではの底力があってこそ成立する、という面もある。

早速紹介しよう。

ベンツも見える

メルセデスベンツのカフェで、ゆとりを堪能

大阪駅周辺の人の流れを、完全に覆してしまった感のある「グランフロント。」その立地的な利便性には、文句の付けようがない。

当然、新しくて綺麗。

そこの、北館ナレッジキャピタル1Fにあるのが、「メルセデス ミー。」

おすすめポイントは何だろう?

まず第一に、メルセデスベンツの展示車を横目に、ゆっくり飲むコーヒーは、何とも気持ちが盛り上がるし、美味しい。

二つ目。高い天井と、ゆったりと広めに取られた、客席の配置。狭いところに詰め込まれると、発想まで小さくなりそうで、ちょっと辛い。

三つ目。そりゃ当然、申し分のない高級感。メルセデスグッズが買えるコーナーもあって、ちょっと気分がいい。もっとも、メルセデスオーナーでない人が、小物だけスリーポインテッドスターでは、かっこ悪いのも事実…。

「メルセデス ミー」のサイト

ラテ

まとめ

藤原和博さんが言うように、「1/100×1/100の希少性が重要」がよく分かる。

普通のカフェと普通のショールームには違いないが、大きな商談にも使えそうな落ち着きと、充分に美味しいコーヒーと食事。それに、すでに確立されているメルセデスブランドが掛け合わされれば、さらに人が惹きつけられるのは必然だろう。

ダウンステアーズ

天文学的に厳しい確率をすり抜けて、突き抜けなくても大丈夫。頑張って追求して、普通に研ぎ澄ましていくことを繰り返す。

やがて、誰も辿り着けない境地へ踏み込める。なるほど…。平凡な人が非凡な人に変わる瞬間、ってヤツ。

僕だって、そうなるに決まっている。雰囲気に流されて、自信が付いてしまうお得感まであって、これは超ラッキーな気分なのだ。

The following two tabs change content below.

森下昌彦(えむもりさん)

大阪在住50代。妻と1女1男。  長く医療業界に携わったが、軸足を移すことを模索・実行中。 詳しいプロフィールはこちら

最新記事 by 森下昌彦(えむもりさん) (全て見る)