幸せを買う方法 〜TEDが教えてくれる最上級の幸福感〜

「幸せを買う方法」なんて聞いたら、かなり胡散臭いと感じるのが普通かも知れない。でも、そのヒントになりそうなことは、探せばどこかに埋まっているものだ。

「TED」に、そのきっかけを貰ったかも知れない。早速紹介する。

「TED」って何?

「TED」と聞いてピンっとくる人は、かなりの強者だと僕は思ってしまう。

世界を舞台に時代をリードする、起業家や研究者などが集う、世界最高峰のカンファレンスだそうだ。

高額な参加費を必要として、それだけでかなり縁遠いが、今ではその動画を無料で見ることが出来る。

「インターネット時代万歳!」なのだ。

キーボード

お金で幸せが買えるなら、買ってみたい

その中で特に目に付いたのが、「幸せをお金で買う方法」

一般的には、「お金で幸せは買えない」というのが、理性的で毒されていない大人が持つ意見であろう。

特に日本人は、お金の裏側には常に「暗部」がある、と信じていて、どちらかと言うと、人前でお金の話をすることさえはばかる、という方が多いと感じる。

だから、「お金で幸せが買える!」なんて大声で言ったら、はしたないのだ。

でも、買える。その方法が紹介されているから、覗いて欲しい。

実験

何人かにお金を持たせて、ふたつのグループに分ける。そして一方に「自分のためだけに使いなさい」と告げ、もう一方には「他人のためだけに使いなさい」と指示を出す。

その前後で主観的な幸福度を比べる、というものだが、その結果には大きな驚きを伴う。

通常、お金は自分のために使うだろうし、もちろん欲しいものを買う訳だから、それなりの満足感が得られて当然だろう。ところが、その時の「幸福感」という尺度で眺めた場合、そこにはほぼ何の変化も見られないらしい。

それよりもむしろ、他人のために使った方が「幸福度」が上がるということだ。

そして、その傾向は、世界中のほぼどこの国においても当てはまる、らしい。さらに付け加えるべきは、その金額の多少にも左右されない、という点で、これはもう特筆ものだ。

つまり、どんなに文化的背景が異なっていようが、経済的に恵まれていようとなかろうと、社交的で利他的なことこそが、幸せであることの条件と言えそうだ。

TED Talk 幸せを買う方法

人間の本質に迫る

僕は、スピリチュアルな本も大好きで、宗教的かつ哲学的な話には興味をそそられるが、確かに、人間の最大級の欲望は、人に尽くすこと、貢献すること、なんて書いてある。

なかなかその境地に達することは難しくて、本当のところ、僕は際限ない欲念と邪心にまみれている。

「幸せを買う」というのは、つまりお金との付き合い方を整える、ということなのかも知れない。

書棚

気付きを行動へ落とし込んでみる

ちょっとした出費を、買い食いではなく、家族の笑顔の方へ振り分けてみようとか、寄付や義援金にしようとか、少しだけ方向を変えてみて、習慣化することを目指してみることにする。

自己投資との両立を図りながら実行することで、何かココロの落ち着き度合いに変化が現れることを期待したい。

The following two tabs change content below.
森下昌彦(えむもりさん)

森下昌彦(えむもりさん)

大阪在住50代。妻と1女1男。  長く医療業界に携わったが、軸足を移すことを模索・実行中。 詳しいプロフィールはこちら
森下昌彦(えむもりさん)

最新記事 by 森下昌彦(えむもりさん) (全て見る)