液晶画面のベタベタを一発解消 〜心の乱れはスマホで分かる?〜

スマホやタブレットは、画面を直接触って操作するので、特にこの暑い時期には、どうしても指の「ベタベタ」が残りがち。

そこらへんの適当なガラスクリーナーとかで拭くと、取り返しのつかないことになる事もあるので、要注意。

素直に専用クリーナーを使うことをオススメする。使えば、「なるほど」の高機能に納得すること間違いなし。

早速紹介しよう。

液晶画面のベタベタを一発解消

ELECOMの、大きく「液晶用」と書いたウエットクリーニングティッシュ。青いバッケージが目印だ。

何も迷うことはない。汚れた画面を軽く拭くだけ。いとも簡単に、指紋汚れが消える。

たった数秒で、気分スッキリ。やっぱり綺麗な方が、愛着もわく。

今やデジタルデバイスは、単なる機械というよりも「相棒」に近い。大事な仲間に、愛着がわいて、仕事も捗るというものだ。

あくまでも「やさしく」

iPhoneの場合、投影型静電容量方式というパネルを使っているそうだが、ガラス表面が、保護のためにコーティングされている。

僕が初めて使ったiPhone4は、保護フィルムを貼った上から「ゴシゴシ」磨きすぎて、最後はボロボロになって入力に反応しづらくなった。

今は、あえて保護フィルムを貼らず、ごく軽く拭くだけにしている。このクリーニングティッシュにも、「ノンアルコール」「コーティングを剥がさない」と書いてある。ぴったりだ。

普通の「ティッシュ」ではない

普通の紙のティッシュだと、繊維が残ってしまったりもしそうだが、「超極細分割繊維不織布」というのを使っているらしくて、ホントに綺麗になる。

二度拭きのすすめ

「拭き跡が残りにくい」とは書いてあるが、湿り気が残る程度のことはある。あとを柔らかい布で拭くと完璧。指の滑りが、一層良くなる。

乾燥注意

中身が乾燥しにくいパッケージにはなっているが、開けてから時間が経てば、〝カラカラ〟に近くなる事もある。

乾燥してしまうと、布が硬くなって傷をつけるリスクが増すので、よほど頻繁に使わないのなら、あまり大容量のものは避けた方が良いかも知れない。

キーボードも拭ける

まとめ

やはり、モノは雑に扱ってはイカンような気がする。周りの人も含めて、自分の環境に感謝するという心持ちは、特に大切なものだと思うのだ。

スピリチュアルに過ぎるだろうか?そうとは思わない。

トイレや部屋を綺麗にして、靴を磨く。周りを浄化したら、自然に幸せが近づいてくる。実感なのだ。

今、思い付いた。「自分パワースポット化計画」遂行中。

煩雑な空気感を断ち切ろう。身の回りを、いつも綺麗サッパリ。

「そう言われてみれば、スマホの画面が汚いなぁ」と気付いたあなた。画面が綺麗になる以上の効果も期待できるかも知れない。オススメである。

The following two tabs change content below.

森下昌彦(えむもりさん)

大阪在住50代。妻と1女1男。  長く医療業界に携わったが、軸足を移すことを模索・実行中。 詳しいプロフィールはこちら

最新記事 by 森下昌彦(えむもりさん) (全て見る)