北海道地震の対応にみる個性の重要さ ~他人の判断に依存する人たち~

甚大な被害をもたらす結果となってしまった、「平成30年北海道胆振東部地震」であるが、地震国日本に住む以上、この種の災害を避けて通ることができない宿命にある我々には、そうだからこその〝心構え〟が必要である。

防災と、迅速な復旧のために出来ることは、そう多くないと感じるのが僕の意見だが、それが「達観」なのか「鈍感」なのかは、読者の主観で判断してもらいたい。

天災に立ち向かう?

台風や大雨なら、早く逃げるのが一番有効な安全策だろう。しかし、地震ならそうはいかない。

せいぜいタンスを固定するくらいか。確かに予防ではあるが、効果の程については、何とも頼りない印象を持ってしまう。

激烈な揺れの中では、「とにかく身を守る」しかない。残念ながら命を落とされる方も出る。理不尽な死を否応なく突き付けられるゆえの「天災」なのだ。

「危機管理」と言うけれど…

危機管理の「危機」とは、日常から引き離された状態のことで、そこから日常にどうやって戻していくのかという話なのだ。

多くの現代人にとっての「日常」とは、一番にインフラが整っているということに尽きる。

それなら、幸運にも命を失わずに済んだ人については、もう何もする事がない、とは言えないか?

何故なら、電気や水道を復旧させる仕事をする人以外は、待つこと以外に何も出来ないからだ。

多分ほとんどの人には必要なかった

テレビによると、地震発生直後から札幌市街の商店で、食料や水を求める人の列が長く伸びたらしい。

僅かな量を買うのに、3時間以上も並んでいるという事態が起きた。

対して、阪神大震災の時は、多くのビルが崩壊して辺りが火の海になるという事が起きている。

「電気だ水道だ」と言っている場合じゃないことくらい、誰にでもすぐ分かった。

つまり、「地震=食料確保」と単純に刷り込まれた人がコンビニに走ったわけで、冷静な判断が出来なかった点で、この人たちは、「情報弱者」のレッテルを貼られても仕方ない。

隣町に通じる唯一の道路が崩れた訳ではない。大都市札幌にあって、見たところ壊滅状態という訳でもなさそうだ。何日にも渡って、ライフラインが寸断されるとは考えにくい。

この時点で必要なのは、「水を買いに行かなきゃ」ではなく、必要な所へ必要な物資を流す。つまり、「何もせず待つ」である。

実際、当初「北海道全土295万件が停電した!」と大騒ぎになったものの、地震翌日にはその数が半分になり、2日後には僅か0.13%の、4,000件にまで減っている。

水道の場合は、やや遅れてはいるものの、地震発生2週間後時点で、特に被害が大きかった厚真町・安平町で1,000件程度の断水が続いている。

厚労省のHP

今なお苦しんでおられる方には失礼な話で、あの時慌ててコンビニに並んだ人たちは、多分当時の不便さを忘れかけているだろう。

同調圧力

日本人にありがちな、「みんなと同じだと安心」という心理が働いている。「同調圧力」というヤツだ。

しかし、決して日本人特有でもないという事例もある。

9.11の後、アメリカでは飛行機に乗る人が一次的に激減したが、代わりに自動車でやたら長距離を移動する人が増えた。

言うまでもなく、最も安全な交通機関は飛行機である。飛行機事故と自動車事故の件数が、何桁も違うことくらい誰でも知っているが、あまりに衝撃的な事件に遭遇すると、人間は冷静な判断力を失いがちだ。結果として大勢に流されることになる。

人とは違うという価値

いま一度問いたい。人の価値は、「その他大勢とはどこか違う」というところに有る。

決して、人と反対のことばかりしていれば良い訳ではないだろうが、冷静な判断の結果が、いつも大多数の側に付いているとしたら、ちょっと危機感を持つべきかも知れない。だって、正に「没個性」ではないか。

レジの行列

経験が生かされていない

要するに、経験を踏まえて次回に生かす事が大切なのだ。「フィードバック」である。

僕の住む大阪に、今年2個目の台風が迫っている。暴風が吹き荒れて大きな被害が出た前回同様の、大荒れの予報が出ている。

幸いにして、台風の通過スピードが速いために、3~4時間を耐え凌げば何とかなりそうで、最小の被害であってほしいと願っている。

その〝台風接近前日〟の今日、スーパーの食品売り場は、品物が「スッカラカン」だったそうだ。

僅か数時間の台風通過中に食べるものを調達するよりも、飛んでしまいそうな物がないか、家の周りの点検をしておくとか、僕ならそっちの方が大切だと感じるのだ。

The following two tabs change content below.

森下昌彦(えむもりさん)

大阪在住50代。妻と1女1男。  長く医療業界に携わったが、軸足を移すことを模索・実行中。 詳しいプロフィールはこちら

最新記事 by 森下昌彦(えむもりさん) (全て見る)