わざわざ誇示しなくていいけど、努力はやっぱり必要

昨年来、かなり「イタい人」扱いの貴乃花親方。

確かに、どこから見ても頭固そう、〝堅物感〟が溢れている。

しかし、「昭和」のネガティブイメージの代表みたいだけれど、同じ昭和人の僕としては、「なるほど」と唸ってしまうことも実は多い。

体現せよ!

同じく別の意味でお騒がせぶりを発揮する、貴乃花Jr.の靴職人氏。

彼があるインタビューで、「〝口だけではなく、体現せよ〟が花田家の教え」と語っていた。

「口では父親に敵わないから、多くは語りません」という諦めの意味も滲むコメントだが、確かにその通り。

さすがは元大横綱である。

口にするだけなら、誰でも出来る。そこから、具体的に行動に移すからこそ、地殻変動が起きる。流れになる。

ほんの少しで良いのだ。動けば体現できる。

奮い立たせよ!

早いもので、今年も20日が経過した。

年頭に目標を立てたが、その大きな項目の1つが「体現する」である。

細かく数値で表現しないと曖昧になるので、

「〇〇冊本を読む」

「セミナーに〇〇回以上出席する」

「ドキッとする人、〇〇人と繋がる」

「収入源を〇〇個に増やす」

とか、小目標はもっといっぱいある。

貴乃花みたいに圧倒的才能がある訳じゃない。だから、念じて誦んじて、己の魂を揺さぶるのだ。

天井
突き破ろうや

ズバ抜けよ!

人とは違うことをしようというのに、何処かがずば抜けていないのなら話にならない。

誰もがひれ伏してしまうほどの量(それを努力と言うかどうかは別にして)が必須なのは、昭和も平成も、元号が新しくなろうとも、関係ない。

The following two tabs change content below.

森下昌彦(えむもりさん)

大阪在住50代。妻と1女1男。  長く医療業界に携わったが、軸足を移すことを模索・実行中。 詳しいプロフィールはこちら

最新記事 by 森下昌彦(えむもりさん) (全て見る)